2017年4月17日月曜更新.3,289記事.5,377,448文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

貼り薬を切って使ってもいい?

スポンサーリンク


切って使っちゃいけない貼り薬

例えば、モーラステープのような痛み止めの貼り薬を切って使うこともあるだろう。
ホクナリンテープも切って貼付するよう指示されていることがある。

医師の裁量、あるいは患者の判断で切って使うような貼り薬もある。

しかし、添付文書上、明確に「切ってはいけない」となっている薬もある。

ワンデュロパッチ:本剤をハサミ等で切って使用しないこと。また、傷ついたパッチは使用しないこと。
デュロテップMTパッチ:本剤をハサミ等で切って使用しないこと。また、傷ついたパッチは使用しないこと。
エストラーナテープ:本剤をハサミ等で切って使用しないこと。
ニュープロパッチ:本剤をハサミ等で切って使用しないこと。[ハサミ等で裁断すると本剤の有効成分が析出し、血中濃度が低下するおそれがある。]
ノルスパンテープ:本剤をハサミ等で切って使用しないこと。また、傷ついた本剤は使用しないこと。
フェントステープ:本剤をハサミ等で切って使用しないこと。
メノエイドコンビパッチ:本剤を半分などに切って使用しないこと.

ニュープロパッチは理由として、「血中濃度が低下する」と書かれているが、他の薬の切ってはいけない理由は記載されていない。
理由としては、薬価の問題が挙げられるだろう。
半分に切って使ったほうが安上がりだけど、それをやられたらメーカー的に損する。

とにかく、処方せん上、これらの薬を「切って使用するように」指示されていたら疑義照会が必要。

ホクナリンテープ2/3枚?

ホクナリンテープの処方で、2/3枚という処方をみたことがあります。なぜそのような処方だったのかは覚えていませんが。

通常、成人にはツロブテロールとして2mg、小児にはツロブテロールとして0.5~3歳未満には0.5mg、3~9歳未満には1mg、9歳以上には2mgを1日1回、胸部、背部又は上腕部のいずれかに貼付します。

通常、切って使うということは考えられませんが、副作用が出たとか、病院に規格がそろってないとか、0.5歳未満に使うとか、考えられなくもありません。

ホクナリンテープの大きさを比べてみるとわかりますが、0.5mgの倍の大きさで1mg、4倍の大きさで2mgになっています。

そのため、切って使っても問題ありません。

モーラステープL40mgの代わりに20mg2枚貼っても同じ?

モーラステープLを半分に切ってモーラステープ20mg2枚の代わりにもできるかな。
ホクナリンテープ1mgを半分に切って、0.5mgの代わりにもできるかな。
デュロテップパッチはどうなんだろう。
可能かどうかという話とは別に、薬価も絡んでくる問題なので、メーカーとしてはあまりオススメしないでしょう。

ホクナリンテープを昼食後に貼る?

ホクナリンテープは、成人では貼付から約12時間後、小児では約14時間後に最高血中濃度に到達します。
気管支喘息の患者では、多くの場合、早朝4時ごろに最も呼吸機能が低下することがわかっています。
基本的には就寝前に貼付することが多いのですが、寝るときの咳がひどいような患者さんの場合、お昼頃に貼るように指示されることもあります。

ホクナリン/ベラチンの特徴

世界初のβ2刺激薬の経皮吸収薬(ホクナリンテープ)。
作用時間が長く、持続する気道閉塞や夜間発作を予防。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

最新の記事

人気の記事

最近のコメント

検索

スポンサーリンク

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

タグ

治療薬一覧 検査値 調剤関連資料