更新日:2016年12月21日.全記事数:3,169件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

貧血にビタミンCが効く?


スポンサーリンク

鉄とビタミンCの関係は?

鉄欠乏性貧血は若い女性に多いだけでなく、高齢者にもみられます。

鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄があり、ヘム鉄は肉に豊富に含まれ、非ヘム鉄は穀物や野菜、果物に多く含まれます。

そしてヘム鉄は吸収率が高く、非ヘム鉄は吸収率が悪いことが知られています。

したがって、ダイエットなどで野菜中心の食事が増えると、鉄欠乏性貧血のリスクが高まります。

幸いにも、ビタミンCはこの非ヘム鉄の吸収を促進します。

食事に含まれる非ヘム鉄の吸収率を高めるために、ビタミンCを食後に摂取するようにしてください。

鉄分は食事で入ってきますので、食事が終わった後すぐビタミンCを摂れば、非ヘム鉄の悪い吸収率を上げることができます。

フェロミアにシナール併用なんて処方も昔ありました。

鉄剤とビタミンCの併用意図は?

鉄剤にビタミンCが併用される場合がある。
抗酸化作用のあるビタミンC製剤の併用で、鉄イオンが3価に酸化されることを防ぎ、消化管からの2価鉄イオンの吸収を促進する。

ビタミンCは鉄剤と併用すると吸収率が高まる反面、胃腸障害の副作用が増大することがある。
クエン酸第一鉄(フェロミア)はビタミンCと併用する必要はないとされている。

ヘモグロビンと結合していない鉄(非ヘム鉄)は二価鉄(Fe2+)として吸収されます。
三価鉄(Fe3+)はアスコルビン酸(ビタミンC)の作用を受け、二価鉄に還元されてから吸収されます。
ビタミンCは鉄を還元型にして鉄吸収を高めますが、鉄剤内服をする人の1~2割にみられる腹痛、
悪心、嘔吐などの消化器症状を増強させる可能性があり、最近では鉄剤との併用は推奨されていません。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク