更新日:2016年12月21日.全記事数:3,136件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ビスホスホネート製剤は5年以上飲まない方が良いのか?


スポンサードリンク

ビスホスホネート製剤の長期服用による弊害

リカルボンなどの骨粗鬆症治療薬、ビスホスホネート製剤の添付文書の使用上の注意には以下のように書かれている。
「ビスホスホネート系薬剤を長期使用している患者において、非外傷性の大腿骨転子下及び近位大腿骨骨幹部の非定型骨折が発現したとの報告がある。これらの報告では、完全骨折が起こる数週間から数ヵ月前に大腿部や鼠径部等において前駆痛が認められている報告もあることから、このような症状が認められた場合には、X線検査等を行い、適切な処置を行うこと。」
ビスホスホネートで逆に骨折しやすくなる、とはどういうことか?

長期間にわたるビスホスホネートの使用が特に大腿骨の転子下で骨代謝回転の過剰な抑制を引き起こすことが懸念されている。これにより骨の小さなひびが治らず、最終的にはそのひびがつながり、非定型の骨折をすると考えられている。この種の骨折の治療は極めて困難で、自家骨移植などの治療は全身骨が既にビスホスホネートに侵されているため適応がない。現在なお、この合併症は一般的でなく、骨折の減少の利益の方が大きいと信じられている。ビスホスホネート – Wikipedia

骨代謝回転の過剰な抑制、つまり、骨の新陳代謝を抑えることで、古い骨が残り続け、それが小さなヒビをもたらし、脆くなり、非定型の骨折を引き起こすということのようだ。
骨密度と強度が相関しない状態に陥っている可能性もあるわけだ。

骨粗鬆症治療薬は、基本的に漫然と長期に渡って処方され続けることが多い薬ですが、5年をめどに服用中止を考えることも重要。

非定型骨折とは?

骨折は、転倒や落下などの強い衝撃で生じる定型(外傷性)骨折と、こうした外部からの衝撃がないのに生じる非定型(非外傷性)骨折の2つに分けられる。

ビスホスホネート製剤の長期服用で増加するのは非定型骨折である。

ビスホスホネート製剤の服用によって骨折が発生する機序は明らかになっていないが、次の説が有力である。

同製剤は、骨吸収抑制作用により骨がもろくなるのを防ぐ一方で、骨形成も含めた骨代謝回転も抑制している。

大腿骨は、通常の生活でも微小損傷(マイクロダメージ)は起こり、通常は骨のリモデリング機構により修復されるが、ビスホスホネート製剤服用者は骨代謝が抑制されているので、損傷骨と形成骨の入れ替えが行われにくく、マイクロダメージが蓄積して骨折を引き起こすと考えられている。

参考書籍:日経DI2012.2

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク