2019年3月21日更新.3,396記事.5,979,523文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ベピオゲルは夜に使う?

スポンサーリンク


ベピオゲルと紫外線

ニキビ治療薬ベピオゲルの用法は、

「1日1回、洗顔後、患部に適量を塗布する。」
となっている。

使用時点については特に明記されていないが、使用上の注意に、
「本剤の使用中には日光への曝露を最小限にとどめ日焼けランプの使用、紫外線療法は避けること。」
という記載がみられる。

ベピオゲルの成分である過酸化ベンゾイルを配合したデュアック配合ゲル、エピデュオゲルにも同じ記載がみられる。
確か、プロトピック軟膏にも見られた記述。
まさか、発がん性か?

ベピオゲルのインタビューフォームに以下のように書かれている。

海外では、過酸化ベンゾイルの反復塗布により UV 照射に対する皮膚の忍容性が減少すること、 また、日光曝露によって過酸化ベンゾイルの皮膚刺激性が増悪する可能性があることが報告されており、過酸化ベンゾイルを含有したざ瘡治療外用剤の使用に対して日光曝露に関する注意喚起が行われている。

もともとベピオゲルの副作用としてピリピリとした皮膚の刺激感がありますが、紫外線により刺激感が増すことが考えられる。

夏場の海水浴や、日焼けサロンに行く前に使用するのはもってのほか。
日中の紫外線を避けるためには、用法としては「1日1回夜」という使い方がベストなのだろう。

冬場であれば「1日1回朝」でも良いのかも知れない。
「1日1回朝」という処方でも、添付文書上の用法と異なるわけではないので、疑義照会の対象となるわけではない。

スポンサーリンク

MDRP感染患者にAgsを使用 正しい採血指示は?

IMG_0670
薬剤師

多剤耐性緑膿菌(Multiple drug resistant Pseudomonas aeruginosa;MDRP)の感染患者に対してアミノ配糖体系抗菌薬(AGs)を使用したい。有効性確保と副作用防止のため血中濃度モニタリングを行う際の採血指示で正しいのは以下のうちどれか?
A. 投与直前(トラフ値)
B. 投与終了直後(ピーク値)
C. 投与開始1時間後(ピーク値)
D. 投与直前と投与終了直後
E. 投与直前と投与開始1時間後

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

人気の記事

  1. 粉砕してはいけない薬一覧
  2. モーラステープを小児に使っても良いか?
  3. 配合不適・配合注意一覧
  4. 一包化に適さない薬一覧
  5. 柴胡加竜骨牡蛎湯はハイリスク薬?
  6. PPIの処方は8週間まで?
  7. 湿疹と発疹の違いは?
  8. 患者が使い残した麻薬はどう処分する?
  9. ゲルとゾルの違いは?
  10. ヒルドイドクリームとソフト軟膏の違いは?
  11. ユベラとユベラNの違いは?
  12. タミフルは5日分飲みきらなきゃダメ?
  13. レセプト摘要欄に記載する事項
  14. ベルソムラを粉砕してもいいか?
  15. コンタクトレンズしたまま点眼してもいい?
  16. リリカ1日1回はダメ?
  17. 処方せん同日受付は受付1回?
  18. ジスキネジアとジストニアとアカシジアの違いは?
  19. リリカを急に止めてはいけない?
  20. 塗り薬は混ぜちゃダメ?

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク

検索