2018年4月3日火曜更新.3,266記事.5,315,004文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

なぜ食後2時間に血糖値を測るのか?

スポンサーリンク


OGTT

経口ブドウ糖負荷試験 – Wikipedia

経口ブドウ糖負荷試験(けいこうブドウとうふかしけん、Oral glucose tolerance test, OGTT)は、糖尿病の診断方法のひとつ。糖尿病が疑われる患者に対し、短時間に一定量のブドウ糖水溶液を飲んでもらい、一定時間経過後の血糖値の値から、糖尿病が存在するかどうかを判断する方法である。

現在では、WHOの基準に従い、75gのブドウ糖を負荷し、2時間後の血糖値を測定して診断する。以前は施設により、50gや100gのブドウ糖を用いることがあった。

糖尿病型と判断される基準は、2時間後の血糖値で200mg/dl以上。

ブドウ糖負荷後2時間後の血糖値を測定します。

1時間後じゃダメなのか。

健常人だと、1時間後くらいに血糖値のピークが来る。

糖尿病だと、インスリンの作用不足で、2時間後くらいに血糖値のピークがずれこむ。

上がった血糖値を下げることができなくなるのが糖尿病。

2時間待たなきゃわからないのです。

メタボリックシンドロームは食後病

血糖にしても脂質プロフィールにしても、空腹時が正常だからといって問題がないとはいえません。

リスクがある場合は、食後に採血をしなければなりません。

空腹時のデータが正常でも、食後の高中性脂肪血症はインスリン抵抗性の始まりだからです。

空腹時血糖だけじゃ糖尿病はわからない

国債調査で、空腹時の検査だけでは糖尿病患者の45%、境界域の64%が見逃されるという結果が見られました。

食後高血糖を放っておくと、やがてインスリンを分泌する働きそのものが弱まって、空腹時でも血糖値が下がらない本格的な糖尿病へと進みます。

健康な人ならば、食事をするとただちにインスリンが追加分泌され、血糖値は食後30分前後をピークに速やかに下がります。

しかし糖尿病になりはじめの人は、平常時のインスリンは足りているものの、食後の血糖値上昇に対応するだけの分泌量がありません。

このため高血糖のまま、インスリンはだらだらと分泌が続きます。

次の食事までには平常に戻るため、空腹時の検査では異常が見つからないのです。

現代人は常に食べている

現代の食生活は豊かになり、朝食、昼食、おやつ、夕食、場合によっては夜食と、一日のうち本当の空腹時間はほとんどないといってもいいでしょう。
したがって絶食という状況のほうがむしろ非日常的なのです。
健康診断のときは前日から絶食しますが、空腹時の採血で問題がないからといって、代謝のリスクがないとはいえないのはそのためです。

食後過血糖

大規模な疫学研究から、2型糖尿病1139人を対象とした11年間の総死亡率、心筋梗塞発症率は、いずれも空腹時血糖値ではなく、朝食後1時間の血糖値と正の相関が見られている。

食後高血糖はglucose toxicityとして、糖代謝障害の悪循環として関与するだけでなく、過酸化脂質の増加、抗酸化能の低下、LDL酸化増強をもたらし、食後高血糖が酸化ストレスを介して動脈硬化の進展、老化の促進に関与することが理解されるようになった。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

最新の記事

人気の記事

最近のコメント

検索

スポンサーリンク

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

タグ

治療薬一覧 調剤関連資料