更新日:2017年8月26日.全記事数:3,137件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

尿・便が着色する薬剤一覧


スポンサードリンク

尿が着色する薬剤一覧

・薬の副作用で尿に色がつくことがある。
・薬の影響と知らなければ病気と勘違いする恐れもあるので必ず伝える。

成分医薬品名色調
リボフラビンハイボン黄色
サラゾスルファピリジンアザルフィジンEN黄赤色(尿がアルカリの時)
センナプルゼニド黄褐〜赤色
エパルレスタットキネダック黄褐〜赤色
リファンピシンリファジン橙赤色
クロルゾキサゾンスラックシン橙色
レボドパイーシー・ドパール、ネオドパストン、マドパー、メネシット黒色
メチルドパアルドメット黒色
セフジニルセフゾン赤色
カルバゾクロムスルホン酸ナトリウム水和物アドナ橙黄色
ミノサイクリン塩酸塩ミノマイシン黄褐〜茶褐色、緑色、青色
エンタカポンコムタン赤褐色

プルゼニドと尿着色

もし赤い尿が出たら、血尿じゃないか?腎臓の病気じゃないか?と不安になりますね。

激しい運動のあとでも尿の色が赤っぽくなることはあるようですが、薬の影響で尿が赤くなることがあります。

Q:下剤のプルゼニド錠で尿が赤色に着色することがあると言われたが,大丈夫か?

A:プルゼニド錠の成分センノシドがアルカリ尿と反応して黄褐色~赤色に着色することがあるが,健康上の問題はない。質疑応答 2010年8月

汎用されている薬ですが、尿の色調変化についてあまり指導していない。

咳止めのアスベリンや下剤のプルゼニド、トリコモナスに使うフラジールなどで赤っぽい尿になります。
抗生物質のセフゾンも、食事に含まれる鉄分とキレートを形成して便や尿が赤くなります。
ビタミン剤では黄色くなります。ビタミンの入った栄養ドリンクなどを飲むと濃い黄色の尿が出ますね。

患者さんがびっくりしないように伝えておきましょう。

コムタンと尿着色

パーキンソン病の薬でレボドパを飲んでいると、尿が黒くなるらしい。
同じくパーキンソン病の薬でコムタンを飲んでいると、尿が赤褐色になるらしい。

コムタンを飲んでいる人はレボドパも飲んでいるはずなので、じゃあ、尿の色はどんな色になるのだろうかと思う。
黒っぽい赤褐色?

まあ、変な色の尿が出てもびっくりしないように注意しておきましょう。
しかし、コムタンみたいな副作用に横紋筋融解症などがある薬だと、尿が赤っぽくなるという異変の兆候に気付きにくいということもあるかなあ。

キネダックと尿着色

キネダックを飲むと、尿が黄褐色または赤色になることがあります。

原薬が黄色~だいだい色をしており、尿中に排泄される代謝物も同様の色であるため尿が着色することがあります。

エパルレスタットは黄色を呈するロダニン骨格を持つ化合物であり、代謝された尿中排泄物もロダニン骨格を有している。

尿がアルカリ性になると赤紫色を呈する性質がありますので、尿のpHによっては黄褐色~赤色に変色することがあります。

薬の色によるものなので心配はいりません。

アドナと尿着色

血尿が出たときに止血剤のアドナが処方されることがある。
アドナの副作用に「だいだい黄色がかった着色尿があらわれることがある。」というのがあり、血尿でオレンジっぽいのか、アドナの副作用でオレンジっぽいのかわからなくなる、ことはないのかな。

ミノマイシンと青い尿

ミノマイシンの「その他の注意」に、「本剤の投与により尿が黄褐~茶褐色、緑、青に変色したという報告がある。」という記載がある。
歯が黒くなることはよく知っているが、尿の色が緑や青になるというのは「副作用」ではなく「その他の注意」に記載されているためか、見逃していた。
尿が青くなると聞くと、畜尿バッグを使っている人の副作用を思い出す。

紫色蓄尿バッグ症候群

畜尿バッグを使っている患者さんの尿が青くなるということがよく見られるらしい。

便中のトリプトファンが、便秘で増殖した腸内細菌に分解されてインドールになり、そのインドールは肝臓を通りインジカンとなって尿中に排泄されます。
インジカンは尿中の種々の細菌が産生するスルファターゼによりインジゴに変色します。
インジカンの分解物としてインジゴブルー(青色色素)とインディルビン(赤色色素)ができます。だから、紫になるのです。
この二つの物質は水には溶けないがプラスチックやポリマーにとけ込む性質を持っているようです。また、プラスチックなどに付着しやすいので、尿バッグにも色がついたままになるようです。薬剤師ノート – カテーテル尿が紫色になる原因 [着色尿 PUBS 紫色尿バッグ症候群] – xpwiki

青い尿が出てきたらビックリです。
尿の色自体は普通の色なのですが、カテーテルから留置しているバッグにたまった尿が放置され時間がたつとプラスチックが変色するという仕組み。

紫色尿バック症候群とか呼ぶらしい。
ミノマイシンなどの薬で尿が青色になることもあります。

必須アミノ酸の一つであるトリプトファンが食事中から取り込まれ、腸管内において腸内細菌によりインドールに分解される。
慢性便秘であると、腸内細菌が過剰に増殖しているため、インドールが多く発生する。
インドールは腸管から吸収されるが、体内では有害であるため、肝臓で硫酸抱合を受けた後、無害なインジカンに代謝され、尿中に排池される。
そこに尿路感染が合併していると、尿中の種々の細菌によりインジカンは加水分解を経てインドキシルに変換される。

インドキシルは2分子が縮合して酸化されるとインジゴ青(一般的にはこれがインジゴと呼ばれている)となる。
一方、インドキシルがさらに酸化されるとイサチンになり、イサチン2分子が縮合するとインジゴ赤(インジルビン)になる。
インドキシルから両分子に至るまでの反応は、尿がアルカリ性の場合に起こり得る。

これらの反応には、いずれも細菌の関与が必須である。
このような経路で産生されたインジゴ青やインジゴ赤は、蓄尿バッグや接続チューブ類を構成するポリマーに付着しやすいため、PUBSが生じるものと考えられている。
PUBS自体は治療の対象とはならないが、発生の原因となっている慢性便秘や排尿管理への対応が、強く推奨されている。

便が着色する薬剤一覧

便の色が緑色になったり、青色になったり、ピンク色になったら患者は驚く。

そこまで色の変化を来す医薬品はありません、と思いますが。

フェロミアで黒くなるとか、セフゾンで赤くなるとか話には聞きますが、実際に見たことはない。
自分で飲むしか無いか。

成分色調
鉄剤黒色
ビスマス塩黒色
銅クロロフィル合剤濃緑色
リファンピシン橙赤色
セフジニル赤色(粉ミルク、経腸栄養剤など鉄添加物製品との併用時)
バルプロ酸ナトリウム徐放剤白色

サクロンを飲んだら便が緑色になる?

薬を飲んで便の色が変わる、というのは稀にみられる。
鉄剤を飲んで便の色が黒くなるということはよくある。
病気で便に色がつくこともある。下痢っぽいときに白い便が出るのはロタウイルス。

サクロンを飲むと便が緑色になるという。

便の着色は、主成分の一つである銅クロロフィリンカリウムの色(緑色)による着色ですので、心配はありません。銅クロロフィリンカリウムには直接胃粘膜を保護する作用があります。高分子のため、胃の中で作用を発揮したあとは、ほとんど吸収されずに便中に排出され着色を起こします。サクロンを服用したら便が緑色になりました。大丈夫でしょうか? エーザイの一般生活者向けサイト

緑色の便が出てきたらちょっとびっくりする。

赤ちゃんの場合は、腸内の空気にビリルビンが触れて酸化すると、便の色が緑色になることはよくあるようです。

参考書籍:日経DI2014.4

スポンサードリンク

コメント

  1. ベンザブロックL錠を飲んだら尿が赤くなりました
    薬のせいなのかなぁ~(^。^;)

    あみゅ:2014/8/3

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク