2024年2月28日更新.2,753記事.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたいなと。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

骨粗鬆症治療薬の一覧表と分類

【PR】
分類商品名一般名
ビスホスホネート製剤ダイドロネルエチドロン酸二ナトリウム
アレディアパミドロン酸二ナトリウム水和物
フォサマック/ボナロンアレンドロン酸ナトリウム水和物
ベネット/アクトネルリセドロン酸ナトリウム水和物
ボノテオ/リカルボンミノドロン酸水和物
ボンビバイバンドロン酸ナトリウム水和物
ゾメタゾレドロン酸水和物
SERMエビスタラロキシフェン塩酸塩
ビビアントバゼドキシフェン酢酸塩
活性型ビタミンD3製剤アルファロール/ワンアルファアルファカルシドール
ロカルトロールカルシトリオール
エディロールエルデカルシトール
イプリフラボン製剤イプリフラボン錠「ツルハラ」イプリフラボン
抗RANKLモノクローナル抗体ランマークデノスマブ
プラリアデノスマブ
ビタミンK2製剤グラケーメナテトレノン
副甲状腺ホルモンテリボンテリパラチド酢酸塩
フォルテオテリパラチド
抗スクレロスチン抗体イベニティロモソズマブ
エストロゲン製剤エストリールエストリオール

骨粗鬆症治療薬は「骨を強くする薬」

服薬指導時に聞かれる質問としては、「この薬はどういう薬ですか?」「他の薬との違いは何ですか?」といったものが多い。わかりやすく説明するためにシミュレーションしておくことが大事だ。

「骨粗鬆症治療薬ってどういう薬ですか?」と聞かれたら何と答えるだろうか。

私は、骨粗鬆症治療薬の薬の説明では「骨を強くする薬です」と言うことが多い。略して「骨の薬です」と伝えることもある。
また、骨粗鬆症に使われる薬では、ビスホスホネート系薬やビタミンD3製剤は骨粗鬆症のみに適応を持つものが多く、「骨粗鬆症の薬です」と伝えても間違いではない。

骨粗鬆症治療薬一覧

骨粗鬆症治療薬では、ビスホスホネート系薬、活性型ビタミンD₃製剤、SERMなどが主に使われる。

骨を強くする薬には、「骨を作る働きを高める薬」と「骨を壊す働きを抑える薬」がある。

この「骨を作る働き」を「骨形成」、「骨を壊す働き」を「骨吸収」という。
骨は毎日、破壊と創造を繰り返しているのである。

体の中には、骨形成を促進するホルモン、骨形成を抑制するホルモン、骨吸収を促進するホルモン、骨吸収を抑制するホルモンなど様々な働きをするホルモンが存在する。

骨に関係するホルモンとして、副腎皮質ホルモンや女性ホルモン(エストロゲン)、副甲状腺ホルモン、カルシトニンなどがある。

これらのホルモン製剤も骨粗鬆症に使われている。

骨を作る働きを高める薬

「骨を作る働きを高める薬」には、まず骨の材料であるカルシウムを補給する「カルシウム剤」がある。
そのカルシウムの吸収を促進するのが「ビタミンD₃製剤」である。
また、骨の材料はカルシウムだけでなく、タンパク質も必要。骨に含まれるタンパク質といえばコラーゲンであるが、オステオカルシンというタンパク質も重要な働きをしている。
オステオカルシンが活性化されることで、カルシウムが骨に沈着して、骨の強度を保つことができるようになる。
このオステオカルシンをビタミンKが活性化するので、「ビタミンK₂製剤」も骨粗鬆症に使われる。

骨を壊す働きを抑える薬

「骨を壊す働きを抑える薬」には、ビスホスホネート系薬やSERM(選択的エストロゲン受容体モジュレーター)などがある。
これらは破骨細胞の働きを抑える薬である。

ビスホスホネート薬は、ファルネシルピロリン酸合成酵素の活性を阻害し、ゲラニルゲラニルピロリン酸の合成を阻害する。ゲラニルゲラニルピロリン酸は破骨細胞のアポトーシスを阻止しているので、ゲラニルゲラニルピロリン酸の合成阻害により、破骨細胞のアポトーシスが促進され、骨を壊す働きが抑制される。
ビスホスホネート系薬の作用する場所は、メバロン酸代謝経路で、脂質異常症治療薬のスタチン系薬(HMG-CoA阻害薬)と同じ経路に存在する。スタチン系薬も最終的にゲラニルゲラニルピロリン酸の合成阻害につながっているので、骨形成促進作用があるという話もある。

デノスマブ(プラリア)は、抗RANKLモノクローナル抗体薬という。
モノクローナル抗体とは、抗原にあるたくさんの結合部位の中から1つ(モノ)の結合部位とだけ結合する抗体を、人工的にクローン増殖(クローナル)させたものである。
RANKL=recepter activator of nuclear factor-κB ligandのことで、recepter(レセプター:受容体) activator(アクチベータ:活性剤) of nuclear factor(核因子)-κB(カッパーB) ligand(リガンド:配位子)となる。核因子κB(NFκB)は、破骨細胞の分化および骨吸収の促進に重要な役割を果たしており、RANKL=破骨細胞分化因子と呼ばれる。

女性ホルモンと骨

骨粗鬆症は女性の患者に多いが、閉経後女性ホルモンが低下すると骨密度が低下してくる。

SERMは、selective estrogen receptor modulator(選択的エストロゲン受容体モジュレーター)のことで、エストロゲン受容体に作用する。
SERMには、エビスタやビビアントなどの骨粗鬆症治療薬以外にも、ノルバデックスなどの乳癌治療薬がある。

SERMは骨に対してはアゴニスト(作動薬)として働き、乳房や子宮に対してはアンタゴニスト(拮抗薬)として働く。そのため、作用部位の選択性によって骨粗鬆症に効いたり、乳癌に効くという働きがある。

PTHパラドックス

副甲状腺ホルモンの働きには「骨吸収を促進する」働きがある。この働きでは、副甲状腺ホルモン製剤が骨粗鬆症に使われることはない。骨がスカスカになってしまう。

しかし、体内で持続的に分泌されている副甲状腺ホルモンは「骨吸収を促進する」のだが、断続的に投与する副甲状腺ホルモン製剤で、一次的に副甲状腺ホルモンの濃度を上げると「骨吸収が促進する」のだ。
これをPTH(副甲状腺ホルモン)パラドックスという。

スクレロスチン

スクレロスチンは骨の過剰生成を抑制する物質です。「骨を作るのをやめてください」という指令を出す物質である。
新しい骨が作られるのは、歩行や運動で体の骨に荷重や衝撃があって生成されますが、それらの物理的な衝撃がが加わらないとスクレロスチンが過剰に生成されて骨芽細胞を減少させて骨粗鬆症になります。

このスクレロスチンの働きを阻害する抗体、抗スクレロスチンモノクローナル抗体が骨粗鬆症の治療に使われます。

ロモソズマブには、骨を作る働きを高める作用と、骨を壊す働きを抑える二重の作用(デュアル・エフェクト)があるので、効果的です。

【PR】
薬剤師

勉強ってつまらないなぁ。楽しみながら勉強できるクイズ形式の勉強法とかがあればなぁ。

先生

そんな薬剤師には、m3.com(エムスリードットコム)の、【PR】薬剤師のための「学べる医療クイズ」がおすすめ。

【PR】

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


カテゴリ

本の紹介

yakuzaic
yakuzaic/著
2023年09月14日発売

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
職業:薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
座右の銘:習うより慣れろ。学ぶより真似ろ。
SNS:X(旧ツイッター)
プライバシーポリシー
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

最新の記事


人気の記事

検索

【PR】