更新日:2016年11月26日.全記事数:3,079件

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

アルコールは何時間で抜ける?


スポンサードリンク

アルコールが抜けるまでの時間は?

「お酒を飲んでから、何時間後に薬を飲んでいいですか?」とか、「お酒を飲んでどのくらいしてから車を運転していいですか?」
といった質問を受けることがある。

アルコールによる薬効への影響を避けるためには、体内アルコール残存量を考慮するとよい。
血中アルコール量は通常、飲み始めてから30〜60分で最高値に達し、1時間に分解できるアルコール量は体重1kg当たり約0.1gとされている。
従って、体重60kgの人が適量のアルコール20gを摂取した場合、約3時間で体内から消失すると考えられる。

また、「血中アルコール濃度=純エタノール量(g)/(体重×分布係数[男性0.7、女性0.6])−時間×0.15」で表されるWidmark式を用いる方法もある。
一般に、適量の飲酒後、約3時間以上空けて薬を服用することは問題ないと考えられる。

ただし、アルコールの分解速度には個人差があるほか、女性はホルモンによるアルコール代謝阻害作用への影響があるため、適量は男性の約半数とされている。
従って、夕食後や就寝前服用の睡眠薬や向精神薬に関しては、適量であっても、飲酒した日の服用は避けるよう指導した方がよいだろう。

飲酒した翌日もお酒が残っているかどうか調べる実験というのも行われている。

 飲酒から一夜明け、アルコール分が体内に残っているかを調べる実験が1、2両日、岡山市北区奥田本町の交通安全機器開発販売会社「マイクロメイト岡山」営業本部で行われた。

 飲酒の機会が増える季節に、飲酒運転の危険性を訴えることが目的で、参加者15人のうち5人から、道交法で「酒気帯び」とされる呼気1リットルあたり0・15ミリ・グラム以上のアルコール分を検出した。

 実験には20~62歳の大学生や会社員ら男性が参加。1日夜に好きなだけ飲み、飲酒30分後と8時間後に呼気検査などを行った。

 ビールを4リットル飲み、8時間後に0・65ミリ・グラムが検出された岡山市南区の会社員(25)は「こんなに残っているなんて。普段仕事で車を使うので、運転を控えたり、酒量を抑えたりするようにしたい」と驚いていた。同社は結果を来年度の日本交通心理学会で発表するとしている。飲酒から一夜 体内アルコールは?…岡山 アラカルトニュース yomiDr.-ヨミドクター(読売新聞)

8時間後でもダメ。
しかしアルコールの分解能力は個人差があります。

夜に飲み会があって、ホテルに泊まって、翌朝帰ろうとしたら捕まるということもあり得るということ。

飲酒後に眠ってしまうと、アルコールの代謝が遅れるという話もあります。

 飲酒後に睡眠を取ると、アルコールの吸収や分解が大幅に遅れることが、国立病院機構久里浜アルコール症センター(神奈川県横須賀市)と札幌医科大(札幌市)の共同研究でわかった。
 飲酒後に仮眠して車を運転することの危険性を裏付けるものとして注目される。
 同大で昨年3月、20歳代の男女計24人を対象に実験を実施。体重1キロ当たり0・75グラムのアルコール(体重60キロで45グラム=ビール約1リットルに相当)を摂取し、直後に4時間眠った場合と4時間眠らずにいた場合の呼気中のアルコール濃度を比べたところ、眠った場合は眠らない場合の約2倍だった。同大の松本博志教授は、睡眠により、アルコールを吸収する腸の働きと分解する肝臓の活動が弱まった可能性が高いと分析している。
 また、同センターの樋口進医師が海外の研究を調べたところ、アルコール分解後、少なくとも3時間は運転技能が低下することもわかった。樋口医師は「飲酒後に『仮眠を取ったから大丈夫』と考えるのは危険。酔いがさめても、すぐには正確な運転ができない」と指摘。寝不足による居眠り運転にも注意が必要なため、「飲酒後、十分な時間を取れないなら運転しないでほしい」と話している。飲酒→仮眠→運転は危険、吸収・分解遅れる 社会 YOMIURI ONLINE(読売新聞)

深夜まで飲んで仮眠して翌日の朝運転して帰っちゃダメってこと。

眠らないで運転したほうが良いと。
そういうことじゃないか。

参考書籍;日経DI2014.4

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

リンク

薬剤師に役立つリンク集
薬剤師に役立つ書籍

人気の記事

最新の記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク