更新日:2015年10月22日.全記事数:3,190件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

顔の湿疹にインドメタシンが効く?


スポンサーリンク

好酸球性膿疱性毛包炎にインドメタシンが効く?

顔の紅斑のある患者さんに、皮膚科からインフリーが処方されていた。

顔のかゆみにインフリーが効くという説明を受けたらしい。

調べたら、好酸球性膿疱性毛包炎という病気にインドメタシンが有効との話。

好酸球性膿疱性毛包炎(EPF)は、顔面などの毛包にかゆみを伴う好酸球性の膿疱が再燃する疾患である。膿疱内容物に多数の好酸球が存在し、インドメタシンが有効である。しかし病態についてはほとんど明らかにされていない。

経験的にインドメタシン内服が第一選択薬であり、7割の患者に奏効する。しかしインドメタシンの作用機序や、無効例の理由は不明である。根本的な治療は未だ確立されていない。難病情報センター 皮膚疾患分野 好酸球性膿疱性毛包炎(平成24年度)

好酸球性膿疱性毛包炎は、太藤重夫博士が1970年に提唱した日本発の疾患概念であり、太藤病とも呼ばれる。

なぜインドメタシンなのか。
インドメタシンだけなのか。

好酸球性膿疱性毛包炎の原因も病態も、インドメタシンの作用機序も不明。

他のNSAIDsではダメなのか。
正直インフリーなんて現在ではあまり使われない薬なので、その患者のためだけに在庫している現状。
ロキソニン、ブルフェン、ボルタレン、セレコックス、ハイペンなどなど色々NSAIDsはあるので、それらではダメなのか。

スポンサーリンク

関連する記事

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」「時間は有限、努力は無限」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

スポンサーリンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ