更新日:2016年12月10日.全記事数:3,191件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

エネーボとエンシュアの違いは?


スポンサーリンク

エネーボとエンシュア

「エネーボとエンシュアリキッドの違いは何ですか?」と聞かれて困る私です。

栄養剤のデッドストックと置き場に悩む今日この頃。
エネーボ、エンシュア、ラコールなど様々な医療用栄養剤がありますが、その違いは何か?エネーボについて。

エネーボ配合経腸用液は、「一般に、手術後患者の栄養保持に用いることができるが、特に長期にわたり、経口的食事摂取が困難な場合の経管栄養補給に使用する」ことを効能・効果とする医薬品経腸栄養剤です。医薬品経腸栄養剤としては初めてとなる栄養成分として、抗酸化作用のあるセレンや脂質代謝に関与するL-カルニチンを中心に整腸作用が期待できるフラクトオリゴ糖、糖代謝に関連するクロム、酵素の構成要素であるモリブデン、脂質の消化・吸収に関与するタウリンを配合しました。プレスリリース 報道関係者の皆様 アボット ジャパン

1缶あたり300キロカロリーってことで、エンシュアリキッドの1缶250キロカロリーとエンシュアハイの1缶375キロカロリーの中間。

三大栄養素のたん白質・脂肪・炭水化物、各ビタミン(A、D、E、K、C、B1、B2、B6、B12、コリン、葉酸、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン)、ミネラル(ナトリウム、カリウム、塩素、カルシウム、リン、マグネシウム、マンガン、銅、亜鉛、鉄)はエンシュアと共通。

市販の流動食でメイバランスってのが売ってますが、それにはクロム、モリブデン、セレンなんかも入っている。
L-カルニチン、フラクトオリゴ糖、タウリンは入っていないっぽい。
エネーボは市販の経腸栄養剤にも負けてない。

追加されている各栄養素の役割は、

セレンについて
セレンは、組織において抗酸化作用の役割を発揮し健康維持にはかかせない微量元素とされている。経腸栄養期間の長い症例では欠乏症の報告があり、欠乏症の代表的な症状として心筋細胞の編成や線維化による心機能の低下、下肢の筋力低下や筋肉痛、爪白色変化などがある。

L-カルニチンについて
L-カルニチンは、脂質代謝に関与する条件付き必須栄養素である。L-カルニチンは通常の食事に少量含有されており食物から摂取可能であるが、慢性疾患、外傷、熱傷の患者さんなどで欠乏症の報告があり、欠乏症の代表的な症状として高アンモニア脳症、低ケトン性低血糖及び心筋症などがある。

フラクトオリゴ糖について
フラクトオリゴ糖は、ビフィズス菌増殖効果による整腸作用が期待できる成分である。in vitro試験において健全な腸内細菌叢を維持することが知られており、術前・術後の絶食や静脈栄養等で長期に腸管を使用しなかった患者が速やかに正常・健全な腸内細菌叢を回復・維持することが報告されている。

クロムについて
クロムは、糖代謝に関連する微量元素とされている。クロムが添加されていない高カロリー輸液管理患者において欠乏症が報告されおり、欠乏症の代表的な症状として体重減少、耐糖能低下などがある。

モリブデンについて
モリブデンは、酵素(キサンチンオキシダーゼ、亜硫酸オキシダーゼ及びアルデヒドオキシダーゼ)の構成要素で必須の微量元素である。モリブデンをほとんど含まない高カロリー輸液管理患者で欠乏症の報告があり、欠乏症の代表的な症状として心拍数増加及び呼吸数増加、頭痛、夜盲などがある。

タウリンについて
タウリンは、胆汁の主要な成分である胆汁酸と抱合し、特に脂質の消化・吸収に関与している栄養素である。タウリンに欠乏症の報告はない。国内においては、肝機能改善や心筋の興奮調節等の薬効でドリンク剤の主成分として広く使用されている。

欠乏症の報告がある栄養素も含まれているし、栄養剤だけで生きている高齢者なんかは、エンシュアから全て置き換わる可能性もあるのかなあ。

写真ではバニラ味しか見れないけど、どのくらい味のレパートリーが出てくるのか気になる。
こういう栄養剤のバラエティが増えるのは、嚥下困難者のQOLを向上させるのかも知れませんが、期限は短いし、収納スペースはとるし、薬局にとっては頭を悩ます要因。

スポンサーリンク

関連する記事

コメント

  1. ここまで書いていてなぜ成分栄養剤がないのでしょうか?

    匿名:2014/9/8

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」「時間は有限、努力は無限」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

スポンサーリンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ