更新日:2015年10月22日.全記事数:3,137件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

肝臓病の食事療法は高タンパク高カロリー?


スポンサードリンク

肝臓病とタンパク質

肝臓の役割の一つに、糖質、脂質、タンパク質などの栄養素の代謝があります。
肝臓の病気になると、栄養の代謝がうまくいかず、低栄養状態に陥る。
しかし、肝硬変の合併症である肝性脳症は、低栄養を防ぐためにたんぱく質の摂取が大切なのに、たんぱく質の制限が必要である、というパラドックス。

肝臓病の食事療法 [療養食・食事療法] All About

肝臓病の食事療法で特に注意するのは、以下の3つの摂取量です。昔は、高カロリー、高たんぱく質、低脂肪という食事療法が主流でしたが、これは肝臓に負担が掛かることが分かりました。肝臓病の状態に合わせた、適正な栄養バランスのとれた食事が大切です。

・タンパク質
・塩分
・水分

以前は、肝臓は蛋白質でできているので、高蛋白食をしっかり摂る様に指導されることが多かったようですが。
現在では、病んでいる肝臓に多くの栄養を与えても、かえって負担を増してしまうことがわかっています。
バランスの取れた食事を摂るようにしましょう。

肝臓病とアミノ酸製剤

肝硬変とは、多くの肝細胞が線維化し、残存する肝細胞が形成した再生結節が肝全体に広がった状態をいう。
多くの場合、肝は萎縮して硬く、表面は結節状になる。
ウイルス性肝炎やアルコール肝炎などによる持続的な肝障害が主な原因であり、「慢性肝疾患の終末像」とも言われる。
肝硬変患者では、肝細胞癌や食道静脈瘤、感染症など、生命予後に影響する合併症が出現する可能性が高い。
治療では、これらの合併症を予防し、生存年数を延長するための対症療法が中心となる。

最近では、在宅療養中の肝硬変患者のQOL向上を目指して肝性脳症の予防や早期発見に注目が集まっている。
肝性脳症とは、重篤な肝機能障害に基づいて出現する意識障害など精神神経症状の総称である。
肝臓におけるアミノ酸代謝の異常や、腸内細菌によるアンモニア産生などにより、血中アンモニア濃度が上昇することが一因と考えられている。

アミノレバンENは、分岐鎖アミノ酸を多く含む特殊アミノ酸製剤である。
肝性脳症の予防や治療のために、アンモニア源となるタンパク質の摂取制限が行われるが、これによって不足するアミノ酸を、骨格筋など肝臓以外の臓器で代謝される分岐鎖アミノ酸で補うのが目的である。

参考書籍:日経DIクイズベストセレクションSTANDARD篇

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク