2019年2月17日更新.3,368記事.5,927,257文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

痛風発作の予防にコルヒチンの連日投与?

スポンサーリンク


コルヒチンカバーとは?

コルヒチンは、痛風発作の頓挫薬であり既に痛風発作を発症している患者に対しては多くの場合無効です。

しかし、短期間に頻回に痛風発作を繰り返す患者では、「コルヒチンカバー」と呼ばれるコルヒチンの予防的投与が有効です。
痛風発作が頻回だったり、尿酸降下薬の投与開始後に血清尿酸値の低下に伴う痛風発作が予想されるときには、1日0.5mgを連日服用して発作を予防する。

「コルヒチンカバー」は、発作や発作の予兆の有無に関係なく1日1錠のコルヒチンを継続的に投与する方法です。
1~2ヶ月間を目安として実施することが多いです。

1日1錠の投与では、コルヒチン投与による代表的な副作用である下痢は殆ど起きません。
投与中は定期的な血液検査による経過観察が必要です。

痛風発作時に患部では、白血球の一種であるマクロファージや好中球の尿酸貪食作用や、貪食好中球の脱顆粒が活性化している。
コルヒチンはこれらの作用を抑えることで関節炎の症状を緩和し、特に痛風発作の初期段階を抑制すると考えられている。
また、関節炎が誘発されやすい尿酸降下薬開始時に、コルヒチンを尿酸降下薬に併用投与して、関節炎を予防することもある。

コルヒチンを飲むタイミング

いざ激痛が起こってしまってからではあまり効かないので、前兆がはっきり自覚できた時だけ飲むようにしましょう。
また、大量に長期服用すると重大な副作用を引き起こしますので注意が必要です。

痛風発作の前兆はわかる?

痛風発作(痛み)は主に下肢、それも親ゆびの付け根の関節におきやすく、人によっては直前にムズムズする、ピリピリする、違和感があるなどの前兆症状を自覚する場合があり、これは過去に痛風発作を経験した人ほど自覚しやすいと言われます。
コルヒチンはこの時期に1錠だけ飲む薬で、発作を予防または軽減する目的で使われます。

コルヒチン

コルヒチンは、ユリ科の多年草イヌサフランに含まれるアルカロイドの一種で、痛風の急性発作を抑える特効薬として、国内外で古くから用いられている。
ただし、わが国におけるコルヒチンの投与法は欧米とは異なり、痛風発作の前兆期(予感時)に少量(0.5㎎)を用いて発作を頓挫させる方法が一般的で、痛風発作そのものに対する治療は、NSAIDsが主体である。

スポンサーリンク

服薬指導のツボ①

IMG_0670
薬剤師

今日も服薬指導で心が折れる

投薬カウンターで患者を呼んですぐ、立ったまま、
「いくら?」
と言ってくる患者さん。いますよね。
「てめえ、話くらい聞けよ」と言うのを抑えて、「850円になります」と即座に言って本心では短時間で患者をさばけたことを喜ぶブラック薬剤師な私。
先生

↑こういう患者いるよねー

薬剤師の情報収集法

時間の無い医療従事者にとって、効率的な情報収集は必要不可欠です。
私は学生時代から効率的な勉強方法を探って生きてきました。
例えば、1時間でいかに効率よく勉強するか、ということを1週間かけて考えていました。。。今になって思えば1週間勉強すればよかったと思います。
とにかく、この情報過多の時代を生き残るカギは、質の高い情報をいかに入手するかということにかかっていると思います。

有象無象の情報がうずまく社会、インターネットでググってウィキペディアで調べるという私の得意技でもありますが、一般人と同じようなことをしていて薬剤師という専門性の高い職種の職能を発揮できるでしょうか?
自虐的になりますが、こんなくだらないブログを見るより専門性の高いサイトで情報収集したほうが有益でしょう。ぃぇ、私のブログも有益な情報を提供したいとは思っていますが。

私の情報収取先として重宝しているのが、
国内最大級の医療従事者向け会員登録制サイト「m3.com」エムスリードットコムです。

求人情報が頻繁に来るのはウザイですが、情報の質はやはり医療従事者向けということで必要な情報が上がってきます。たまに、「こんなクソ薬局辞めてやる!」と自暴自棄になる私にとっては求人情報もある種の心の拠り所にもなったりします。
「m3.com」エムスリードットコムも登録は無料ですが、他の登録制の医療従事者向けサイト、ケアネットとか、日経メディカルとかも無料ですので、ひと通り登録しておいて損は無いと思います。自分に合った情報入手方法で日々の勉強を共に頑張りましょう。

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

人気の記事(月間)


リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク

SNS

検索