2019年3月22日更新.3,398記事.5,982,483文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

透析患者に使える下剤は?

スポンサーリンク


透析と下剤

下剤服用時に水分量を多めに摂取することは、水分摂取の制限を受けている透析患者などの場合では不可能であり、下剤の選択時には注意が必要となります。

水分摂取が必要な膨張性下剤のカルメロースナトリウム(バルコーゼ)、塩類下剤の酸化マグネシウムは避けることが望ましいといえます。

特に酸化マグネシウムなどのマグネシウム製剤は、腎機能低下による高マグネシウム血症の危険性からも用いるべきではないといわれています。

透析患者に対しては、少量の刺激性下剤が使用されることもありますが、それとともに、カリウム、リンを除去した水溶性の食物繊維の摂取が勧められることも多いようです。
特に、高齢の透析患者には、腹筋力が弱って内臓下垂が起こりやすいことや、腸管の蠕動力が低下しているなどの理由から、ピコスルファートナトリウム水和物(ラキソベロン)やセンノシド製剤、漢方薬のセンナやダイオウなどの刺激性下剤がよく使われる。
また、D-ソルビトールのような浸透圧下剤や、ルビプロストン(アミティーザ)などの便を軟らかくする下剤が使われることもある。
D-ソルビトールには便秘の適応はないが、1回5gを3~4回服用し、便の硬さにより回数を調整する。
ルビプロストンは、小腸上皮に存在するクロライドチャネルを活性化することで、腸管内への水分泌を促進し、便を軟らかくし、腸管内の輸送を高めて排便を促す。

透析患者の便秘の原因の1つに、カリウム、リンの制限による野菜摂取量の低下、食物繊維の不足があり、食生活の中では、なるべくカリウムやリンが少なく、食物繊維が多い食材を利用したり、調理方法により、カリウムやリンを除去したりするような工夫が紹介されています。
また、このような食物繊維のサプリメントも市販されており、これらを活用することも効果的です。

透析患者と便秘

透析患者は、心不全を予防するために厳格な水分の摂取制限を行っており、その影響で便が硬くなりやすい。
また、腎機能が低下すると、腎臓からリンやカリウムが十分排泄されず血中の濃度が上がるため、透析患者はそれらを下げる薬を服用することになる。
だが、セベラマー塩酸塩(レナジェル、フォスブロック)のように樹脂であったり、沈降炭酸カルシウムのように不溶性の沈殿を生成する薬剤が多く、結果として、便秘を来しやすい。
加えて、食事からのカリウムやリンの摂取を制限するために、野菜類や豆類、海藻類が十分取れないことなども、便秘の原因となる。

透析患者にソルビトール

なぜ透析患者さんの便秘にD-ソルビトールが処方されるの? 日経DI掲載クイズ QUIZ 薬剤師さんなら簡単? ちょいむず?

Q.なぜ透析患者さんの便秘にD-ソルビトールが処方されるの?
A.長期にわたり服用することを考慮して選択されます。
透析患者さまは、腎機能が正常な方に比べ便秘になりやすいことが知られていますが、酸化マグネシウムを投与すると血清マグネシウム濃度が上昇するおそれがあります。
長期間にわたり、より安全に使える下剤としては糖類下剤のラクツロース、ソルビトールが最適と考えられます。
これらの下剤は酸化マグネシウムと同じ浸透圧下剤であるため腸管内に水分を保持することによって便を軟らかくする効果があります。
透析患者の便秘は不溶性の薬剤(リン吸着薬、カリウム吸着薬)により硬結便を示すことが多いことから、便秘になりやすい薬剤の服用者ではもっとも理にかなった下剤であると思われます。

スポンサーリンク

積極的適応がない高血圧に第一選択薬でないのは?

IMG_0670
薬剤師

「高血圧治療ガイドライン2014」において、積極的な適応がない場合の高血圧に対して最初に投与すべき降圧薬(第一選択薬)として推奨されていないものは、次のうちどれか。
A. Ca拮抗薬
B. ARB
C. ACE阻害薬
D. 利尿薬
E. β遮断薬

コメント

  1. コメントありがとうございます。

    アミティーザの添付文書には、

    腎機能障害のある患者での薬物動態(外国人データ)血液透析を必要とする重度の腎機能障害のある患者に対して本剤24μgを単回経口投与し,健康成人と薬物動態パラメータを比較した.その結果,いずれの群ともに血中未変化体濃度は定量下限(10pg/mL)未満であった.また,重度の腎機能障害のある患者ではM3のCmax,及びAUCtは健康成人に比し,それぞれ25%及び12%高かった.

    と書かれており、血中濃度は25%ほど高くなるので、注意は必要ですが、投与可能かと思います。

    ヨーデルを5錠飲んでも効かなくて、カマで激しい下痢になる、なんてこともあるのですね。
    酸化マグネシウムは緩下剤、マイルドな効果というイメージでしたので。

    アミティーザもカマと同じような、腸内の水分量を増やすような薬理作用かと思いますので、効きすぎる可能性も否定できないかな、とも思いますが。

    yakuzaic:2013/7/5

  2. 便秘でこまっています。現在透析中です。現在ヨーデルとビーマス配合剤を5錠ずつ飲んでいますが効き目がありません。マグネシュウム入りの薬を処方してもらった時は、はげしい下痢になりました。最近新聞で30年ぶりの新薬としてアミテイーザがよいと言われていますが、透析患者が飲んでも大丈夫でしょうか。ご教示ください。

    荒田祥嗣:2013/7/4

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

人気の記事

  1. 粉砕してはいけない薬一覧
  2. モーラステープを小児に使っても良いか?
  3. 配合不適・配合注意一覧
  4. 一包化に適さない薬一覧
  5. 柴胡加竜骨牡蛎湯はハイリスク薬?
  6. PPIの処方は8週間まで?
  7. 湿疹と発疹の違いは?
  8. 患者が使い残した麻薬はどう処分する?
  9. ゲルとゾルの違いは?
  10. ヒルドイドクリームとソフト軟膏の違いは?
  11. ユベラとユベラNの違いは?
  12. タミフルは5日分飲みきらなきゃダメ?
  13. レセプト摘要欄に記載する事項
  14. ベルソムラを粉砕してもいいか?
  15. コンタクトレンズしたまま点眼してもいい?
  16. リリカ1日1回はダメ?
  17. 処方せん同日受付は受付1回?
  18. ジスキネジアとジストニアとアカシジアの違いは?
  19. リリカを急に止めてはいけない?
  20. 塗り薬は混ぜちゃダメ?

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク

検索