2019年3月21日更新.3,396記事.5,979,523文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

貼付剤が途中ではがれたら貼りなおす?

スポンサーリンク


貼付剤がはがれたら?

貼付剤を使用中に剥がれたら、どうするだろうか?
粘着力がまだあれば、貼り直す。
粘着力が無くなっていれば、新しい物を貼る。
というのが普通の対応でしょうか。

抗アレルギー薬のアレサガテープと、過活動膀胱治療薬のネオキシテープの添付文書には、以下のように記載されている。

本剤が途中ではがれ落ちた場合は、直ちに新たな本剤を貼付すること。また、次の貼り替え予定時間には新たな本剤に貼り替えること。

メーカー的には、頻繁に貼り替えてもらったほうが売り上げが増えるから良いのだろう。

テープが途中で剥がれた場合は、効果が減弱する可能性があるため、貼り直さず新しいものを貼付し、次の貼り替え予定時間にも、新たなものを貼るように指示している。

抗認知症薬のイクセロンパッチ/リバスタッチパッチも添付文書で貼り替えが指示されている。

本剤が剥がれた場合は、その時点で新しい製剤に貼り替え、翌日より通常通りの時間に貼り替えを行うこと。

アレサガテープ、ネオキシテープは「次の貼り替え予定時間には」と記載されていたが、イクセロン/リバスタッチパッチは「翌日より」と記載されている。
入浴後に貼って翌日の昼頃剥がれたとして、アレサガテープは当日の入浴前に剥がして又入浴後に貼り替えるが、イクセロンパッチは貼ったまま入浴してさらに翌日の入浴前まで貼付するという形でよい、ということか。
でも、貼ったまま入浴したらまた剥がれやすくなって、翌日も昼頃に剥がれてしまって・・・とか繰り返しそう。

麻薬についてはどうか?
ワンデュロパッチフェントステープの添付文書には以下のように記載されている。

本剤が皮膚から一部剥離した場合は、再度手で押しつけて剥離部を固定するが、粘着力が弱くなった場合はパッチを剥離し、直ちに同用量の新たなパッチに貼り替えて、剥がれた製剤の貼り替え予定であった時間まで貼付すること。なお、貼り替え後血清中フェンタニル濃度が一過性に上昇することがあるので注意すること。

粘着力が無くなれば貼り替えるしかないよね、という感じ。
でも、処方日数制限のある薬を過剰使用すれば、次回予約日以前に再受診しなければならなくなったり面倒なことも増えるので、できれば押し付けて使用するかな。

愛媛大学医学部附属病院薬剤部の資料には貼り直し可否について、以下のように書かれていた。
https://www.hsp.ehime-u.ac.jp/medicine/wp-content/uploads/DINEWS20160629-1.pdf

商品名貼り直し
ニュープロパッチ (大塚製薬)×
イクセロンパッチ (ノバルティスファーマ)×
デュロテップ MT パッチ (ヤンセンファーマ)
ノルスパンテープ (久光製薬)
ホクナリンテープ (マイランEPD合同会社)×
フランドルテープ (トーアエイヨー)
ビソノテープ (トーアエイヨー)
ミリステープ (日本化薬)×
ジドレンテープ (田辺三菱)×
エストラーナテープ (久光製薬)×
ニコチネル TTS (ノバルティスファーマ)
ネオキシテープ (久光製薬)×

基本的に新しいものに貼り替える形が多い。

フランドルテープの貼り直し

フランドルテープには、皮膚刺激の要因である角質剥離を抑制する工夫がなされている(角質保護システム)、
粘着面に角質細胞が付着しにくいため、剥がれても粘着力が落ちにくく貼り直すことができる。
汗をかいてテープが剥がれてしまったときには、いったんテープを剥がして、汗を清潔なタオルなどでふき取り、テープのしわを伸ばしてから、部位を変えて貼り直しても問題ないとされる。
貼り直しができないようであれば、新しいものに貼り替えてもよい。
貼付後、24~48時間にわたり持続した血中濃度を保つため、貼り替えるタイミングは毎日同じでなくても問題ない。

入浴はテープを貼ったままでも可能である。
ただし、入浴により血管拡張作用が増強し、血圧低下作用が強く表れる恐れがあるため、一時的なふらつきなどには注意したい。
テープ剥離後の硝酸イソソルビド血中濃度半減期を測定した検討では、24時間貼付の場合は2.3時間、48時間貼付の場合は2.4時間と比較的緩やかに下降することが示された。
そのため、短時間であれば剥がして入浴することも可能である。ただし、いつ発作が起こるかわからない患者は、貼っていない時間帯を極力作らないよう配慮が必要となる。

スポンサーリンク

ビス剤の内容で不適切なのは

IMG_0670
薬剤師

下記は経口ビスフォスフォネート(BP)製剤について記述したものである。不適切な内容はどれか。2つ選べ。
a. 経口BP製剤を服用する際には硬水系のミネラルウォーターは避けた方が良い
b. 経口BP製剤の消化器症状を予防するために食後に服用した
c. 経口BP系製剤を服用した後、直ぐに横になった
d. 経口BP系製剤も長期に服用すると顎骨壊死発生リスクが高くなる
e. 経口BP系製剤による顎骨壊死の発生を防ぐためにデンタルケアを指導した

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

人気の記事

  1. 粉砕してはいけない薬一覧
  2. モーラステープを小児に使っても良いか?
  3. 配合不適・配合注意一覧
  4. 一包化に適さない薬一覧
  5. 柴胡加竜骨牡蛎湯はハイリスク薬?
  6. PPIの処方は8週間まで?
  7. 湿疹と発疹の違いは?
  8. 患者が使い残した麻薬はどう処分する?
  9. ゲルとゾルの違いは?
  10. ヒルドイドクリームとソフト軟膏の違いは?
  11. ユベラとユベラNの違いは?
  12. タミフルは5日分飲みきらなきゃダメ?
  13. レセプト摘要欄に記載する事項
  14. ベルソムラを粉砕してもいいか?
  15. コンタクトレンズしたまま点眼してもいい?
  16. リリカ1日1回はダメ?
  17. 処方せん同日受付は受付1回?
  18. ジスキネジアとジストニアとアカシジアの違いは?
  19. リリカを急に止めてはいけない?
  20. 塗り薬は混ぜちゃダメ?

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク

検索