2019年3月22日更新.3,398記事.5,982,483文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

片頭痛と普通の頭痛の違いは?

スポンサーリンク


緊張性頭痛と片頭痛の違い

緊張型頭痛は日本人に多い慢性頭痛です。年齢的には中高年にも多く、女性と男性では、片頭痛に見られるような大きな差はありません。
頭を締めつけられるような頭痛が毎日のように起こる、持続的な頭痛ですが、仕事や日常生活ができなくなるようなことはほとんどありません。
片頭痛と違い、体を動かすことによって悪くなることはなく、また、吐き気や嘔吐、光や音によって痛みが強くなるといったこともありません。

片頭痛のほとんどの人が緊張型頭痛も併発していて、緊張型頭痛がベースにあり、時に片頭痛が起こるという状態にいます。
肩こりが片頭痛の前触れにもなるため、「肩や首がはる」「肩がこる」と医師に訴えると、片頭痛ではなく、緊張型頭痛と誤診されることがあります。

片頭痛
・基本的に女性に多い。
・片側の痛みが多い。
・拍動するような痛み。
・動くと痛みが強くなったり気持ちが悪くなる。
・音などに非常に敏感になる。
・前兆がある人はいわれているほど多くない。

緊張型頭痛
・一般的に両側の痛みが多い。
・締めつけられるような痛み。
・頭痛以外に肩こりがある場合。
・ストレスが多そうな人の場合。

片頭痛は片側だけ痛む?

片頭痛、と書くように、片側だけ痛む頭痛のことを片頭痛という。
わけではない。

両側とも痛む片頭痛もある。
日本頭痛学会
片頭痛という名称の由来は頭の片側が痛むこととされています。しかし、実際には4割ちかくの片頭痛患者さんが両側性の頭痛を経験しておられます。

普通の頭痛は英語で headache だけど、
片頭痛は migraine
ラテン語の hemicrania が語源。
hemiは「片側」という意味。

そのまま訳して片頭痛。

片頭痛はトラ、緊張型頭痛はネコ

片頭痛治療で特に注意を要するのは、片頭痛と緊張型頭痛を合併した患者である。

頭痛の程度は緊張型頭痛がネコ、片頭痛はトラに例えられるが、これらを合併した患者はトラの出現を恐れるあまり、緊張型頭痛の際にも鎮痛薬を連用して薬物乱用頭痛に陥り、かえって片頭痛を誘発してこじらせことにもなりかねない。

このような薬物乱用頭痛を避けるためにも、月に10日以上鎮痛薬を使用している患者さんは思い切って断薬し、予防的治療を行ってネコがトラにならないように努め、トラが出現したときにのみトリプタン、NSAIDsという鉄砲を撃ち込むことが大切です。

POUNDing

片頭痛 – Wikipedia

「Pulsating, duration of 4–72 hOurs, Unilateral, Nausea, Disabling(拍動、4-72時間の持続、片側性、吐き気、障害)」の略であるPOUNDingという語は片頭痛の診断に役立っている。上の5つの基準のうち4つが合致した場合、その片頭痛の診断における陽性尤度比は24となる。

5つのうち4つ当てはまれば、片頭痛と診断できる。

しかし、片頭痛の特徴とされる拍動性かどうかに関しては、片頭痛でも50%で非拍動性で、特に痛みが強くなるにつれて非拍動性となるものもあります。

また、片頭痛だけに片側性が多いのですが、40%程度で両側性とされます。

このPOUNDing criteria 以外にも、光線過敏(まぶしく感じる)や音過敏があるとか、生理や天気で発症する、急性発症(発作的)、週末やストレスから解放されるとなる、家族歴があるなども参考にします。

片頭痛は女性に多い疾患で(男性の4倍)、高齢になるにつれて急激に減少します。
発症年齢は多くが10~20代とされ、90%で40歳までに発症するとされます。

よって40歳以降初発の片頭痛という診断は誤診かもしれなく、他の疾患を考えた方がよいとされます。

参考書籍;調剤と情報2013.9、クレデンシャル2012.6

スポンサーリンク

この中で、食後に飲まなければならない薬は?

IMG_0670
薬剤師

下記の薬の中で添付文書上、食事の後に服用しなければならない薬剤はどれか。
A. ビラノア(一般名:ビラスチン)
B. ボナロン(一般名:アレンドロン酸)
C. ベタニス(一般名:ミラベグロン)
D. ディレグラ(一般名:フェキソフェナジン/プソイドエフェドリン)
E. アコファイド(一般名:アコチアミド)

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

人気の記事

  1. 粉砕してはいけない薬一覧
  2. モーラステープを小児に使っても良いか?
  3. 配合不適・配合注意一覧
  4. 一包化に適さない薬一覧
  5. 柴胡加竜骨牡蛎湯はハイリスク薬?
  6. PPIの処方は8週間まで?
  7. 湿疹と発疹の違いは?
  8. 患者が使い残した麻薬はどう処分する?
  9. ゲルとゾルの違いは?
  10. ヒルドイドクリームとソフト軟膏の違いは?
  11. ユベラとユベラNの違いは?
  12. タミフルは5日分飲みきらなきゃダメ?
  13. レセプト摘要欄に記載する事項
  14. ベルソムラを粉砕してもいいか?
  15. コンタクトレンズしたまま点眼してもいい?
  16. リリカ1日1回はダメ?
  17. 処方せん同日受付は受付1回?
  18. ジスキネジアとジストニアとアカシジアの違いは?
  19. リリカを急に止めてはいけない?
  20. 塗り薬は混ぜちゃダメ?

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク

検索