2018年5月19日土曜更新.3,270記事.5,325,314文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ダラシンとエリスロシンは併用禁忌?

スポンサーリンク


ダラシンの併用禁忌

常識なのかも知れませんが、私は知らなかった。
ダラシンとエリスロシンが併用禁忌であることを。

ダラシンの添付文書の禁忌の部分には飲み合わせについては書かれていないが、相互作用の部分の併用禁忌に記載がある。
(禁忌の部分に書かれている薬と書かれていない薬があるのは、記載方法を統一してほしい)

しかもエリスロシン側の添付文書にはダラシンとの相互作用の記載はない(これもなんとかしてほしい)。

薬剤名等
エリスロマイシン
 (エリスロシン等)

臨床症状・措置方法
併用しても本剤の効果があらわれないと考えられる。

機序・危険因子
細菌のリボゾーム50S Subunitへの親和性が本剤より高い。

ダラシンといえばニキビのイメージですが、マクロライド系のルリッドとかクラリスロマイシンとかもニキビに使われることがあり、同じマクロライド系のエリスロマイシンが併用されてもなんとも思わなかった。

ダラシンと同じリンコマイシン系のリンコシンにも同様の併用禁忌が記載されている。
マクロライド系の作用機序は、細菌のリボゾームの50Sサブユニットという部分に結合することによって、細菌のタンパク合成を阻害することによる。
リンコマイシン系も同じ作用機序を有する。

ということは、マクロライド系とリンコマイシン系の併用で、競合して効果が落ちるということ?
ということはダラシンとクラリスやジスロマックの併用でも注意を要するってこと?
でも、ダラシンの相互作用にはマクロライド系ではエリスロマイシンしか記載がなく、クラリスやジスロマックとの併用は併用注意にも載っていない。
ということは、クラリスやジスロマックはエリスロシンに比べて50Sサブユニットへの親和性が低いので、ダラシンが後からきても追い出されてそれぞれある程度効果が出るということなのだろう。

それにしても「併用禁忌レベル?」という疑問はありますが。
じゃあもういっそPPIとH2ブロッカーの併用も禁忌に載せてくれ、そのほうが疑義照会しやすい、とか思ったりしたりして。

皮膚科からダラシン、耳鼻科から慢性副鼻腔炎にエリスロシンとか処方されていたら疑義照会すべし。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

最新の記事

人気の記事

最近のコメント

検索

スポンサーリンク

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

タグ

治療薬一覧 調剤関連資料