2018年4月7日土曜更新.3,306記事.5,274,298文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

チメロサールは危険?

スポンサーリンク

一部のインフルエンザワクチンは、水銀含有防腐剤であるチメロサールを含有しているため、接種を控えたほうがいいのでは、といった話をよく聞く。
しかし、大規模コホート研究では、チメロサール含有ワクチンを接種した子どもに自閉症スペクトラム障害を含む神経発達転帰の異常が増加しないことが示されている。
妊娠中のチメロサール含有ワクチン曝露の安全性を調べた研究はないが、妊婦にも長い間使われてきており、有害事象の報告はない。

メチル水銀とエチル水銀

有機水銀にはメチル水銀とエチル水銀があり、毒性が全く違います。

ワクチンに含まれる防腐剤のチメロサール(エチル水銀チオサリチル酸ナトリウム)はエチル水銀で、体内の半減期は約1週間未満、かつ消化器で積極的に排泄され、ワクチン接種後の水銀毒性の証拠はないとされています。

チメサロールはバイアル瓶で多人数に分割使用する際に生じる可能性のある細菌汚染を防止する目的で添加されています。

チメロサールは、1990年代に自閉症等の発達障害との因果関係が指摘されましたが、最近の疫学調査ではその関連は無いとされており、一般的には予防接種上の有益性が危険性を上回っていると考えられています。

水俣病で有名なのはメチル水銀です。
メチル水銀は半減期が1ヶ月半と長く、毒性が問題となっている。

チメロサールが添加されている製剤を妊婦に使用しても差し支えないですが、北里研究所が製造するプレフィルドシリンジ製剤には保存剤が添加されていないので、希望する妊婦には保存剤無添加のワクチンが接種できるようになっています。
ただし、プレフィルドシリンジ製剤は産科・産婦人科にしか供給されないことになっているので、予防接種の予約をする際には注意が必要です。

チメロサール無添加も危険

チメロサールは、殺菌作用のある水銀化合物です。

その殺菌作用は昔から知られており、1930年代から種々の薬剤の保存剤として用いられてきました。

過去に薬剤に細菌が混入し、感染症で命を落とす悲劇があったためです。

チメロサールは生ワクチンでは使用されませんが、死菌などが入っている不活性化ワクチンには保存剤として使われるようになりました。

微量のチメロサールのエチル水銀による毒性は、過敏症を起こすことがある以外、あまり報告されていませんが、小児のワクチン接種本数の増加などの理由から、米国をはじめとする世界各国でワクチン中のチメロサールが問題になってきました。

1999年、米国小児科学会はチメロサールを含まないワクチンの使用を勧告し、欧州や世界保健機関(WHO)でもワクチンに含まれる水銀の曝露が有害である証拠はないが、チメロサールを含まないワクチンの使用を早急に進めていくべきだとしました。

日本においても、米国・欧州と同様、チメロサール減量または無添加のワクチンが発売されています。

しかし、WHOではチメロサールをワクチンに添加しないときの病原体に汚染した場合の感染症のリスクは、チメロサールによる副作用のリスクよりはるかに大きいと考えており、チメロサール添加を即刻中止することなく、継続しながらできるだけ添加を減らす方向を示しています。

妊婦はキンメダイを食べちゃダメ?

厚生労働省は、魚のメカジキやキンメダイに含まれる微量の水銀が胎児に悪影響を及ぼす可能性があるとして、妊婦は食べるのを制限するように注意を呼びかけています。

妊婦が食べて、胎児に健康被害が出たケースがあるわけではないので、念のための処置ということでしょう。

魚介類には多かれ少なかれ水銀が含まれています。
メカジキやキンメダイが特定されているのは、大型の魚で食物連鎖の上位にあるため蓄積されている量が多いからです。
マグロの水銀含有量も同程度だと思われますが、経済的ダメージが大きいので見送られたのでしょう。

厚生労働省の発表後、メカジキやキンメダイの価格は急落しました。


スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

最新の記事

人気の記事

最近のコメント

  • 5/21 のど飴は効くのか? (チラーヂン鉄剤服用中) 医師からチラーヂン(朝)と鉄剤(夜)を処方されてます。ここ最...

検索

スポンサーリンク

リンク

くすりの相談室
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ