2018年12月14日更新.3,343記事.5,772,518文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

プログラフはアトピーに使えない?

スポンサーリンク


プログラフとアトピー

プログラフ(タクロリムス)の適応は、以下のようになっている。

1.下記の臓器移植における拒絶反応の抑制
腎移植、肝移植、心移植、肺移植、膵移植、小腸移植
2.骨髄移植における拒絶反応及び移植片対宿主病の抑制
3.重症筋無力症
4.関節リウマチ(既存治療で効果不十分な場合に限る)
5.ループス腎炎(ステロイド剤の投与が効果不十分、又は副作用により困難な場合)
6.難治性(ステロイド抵抗性、ステロイド依存性)の活動期潰瘍性大腸炎(中等症~重症に限る)
7.多発性筋炎・皮膚筋炎に合併する間質性肺炎

アトピー性皮膚炎に適応があるものだと思っていました。

なぜ、アトピーに使えると思っていたのか。
プロトピック軟膏のせいだ。

プロトピックもプログラフも同じタクロリムスじゃないか。
プロトピックがアトピーに使えるなら、プログラフもアトピーに使えるハズだと思っていた。

適応外なら処方されたりする。

ちなみに同じ免疫抑制剤のネオーラル(シクロスポリン)の適応症は、

1. 下記の臓器移植における拒絶反応の抑制
腎移植、肝移植、心移植、肺移植、膵移植、小腸移植
2. 骨髄移植における拒絶反応及び移植片対宿主病の抑制
3. ベーチェット病(眼症状のある場合)、及びその他の非感染性ぶどう膜炎(既存治療で効果不十分であり、視力低下のおそれのある活動性の中間部又は後部の非感染性ぶどう膜炎に限る)
4. 尋常性乾癬(皮疹が全身の30%以上に及ぶものあるいは難治性の場合)、膿疱性乾癬、乾癬性紅皮症、関節症性乾癬
5. 再生不良性貧血、赤芽球癆
6. ネフローゼ症候群(頻回再発型あるいはステロイドに抵抗性を示す場合)
7. 全身型重症筋無力症(胸腺摘出後の治療において、ステロイド剤の投与が効果不十分、又は副作用により困難な場合)
8. アトピー性皮膚炎(既存治療で十分な効果が得られない患者)

アトピー性皮膚炎に使われる。

プログラフもネオーラルもT細胞の活性を抑制する薬として、同じような薬という認識でありますが、適応症は異なる。

関節リウマチ、ループス腎炎、潰瘍性大腸炎、間質性肺炎などはプログラフ。
乾癬、ネフローゼ症候群、ぶどう膜炎、アトピー、再生不良性貧血、赤芽球癆などはネオーラル。

これらの免疫抑制剤が処方された際には、必ず病名を確認するよう心掛ける。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

最新の記事

人気の記事

最近のコメント

  • 11/27 デパス0.25mg? (ジョン) 0.25役に立ってます。 過眠症でモディオダール服用し、副...

検索

スポンサーリンク

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ