2018年12月10日更新.3,339記事.5,761,897文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。
抗うつ薬

脳内の神経線維の間をつなぐ化学伝達物質(ノルアドレナリン、セロトニン、ドパミン等)が不足すると、うつ状態が起こると考えられています。

抗うつ薬は、刺激によって一度一度放出された伝達物質が脳内の神経線維に再び吸収されて減少するのを抑えたり、伝達物質の出てくる量が減るのを抑えたりすることで、気持ちを楽にして意欲を高め、うつ状態を改善する薬です。

うつ病のメカニズムとして、モノアミンであるセロトニン、ノルアドレナリン、ドパミンなどの活性が低下しているというモノアミン仮説と、視床下部-下垂体-副腎皮質系の障害とする二つの仮説が主流である。
抗うつ薬はモノアミン仮説にならってモノアミンを活性化させることで効果を発揮する。