2020年6月5日更新.3,095記事.6,375,360文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたいなと。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

バルプロ酸ナトリウム徐放錠A「トーワ」とバルプロ酸Na徐放B錠「トーワ」の違いは?


バルプロ酸ナトリウム徐放錠A「トーワ」

今まで、バルプロ酸Na徐放B錠「トーワ」の存在しか知らなかったのだが、A錠というのも販売されていた。

しかし、添付文書を見比べてみても違いがわからなかった。

徐放錠なので、バルプロ酸Na徐放B錠はデパケンR錠のジェネリック。用法も「1日1〜2回」なので間違いないだろう。
だとしたら、バルプロ酸ナトリウム徐放錠A100mg「トーワ」はセレニカRのジェネリックか?と思いきやこちらの用法も「1日1〜2回」。

調べてみたら何のことは無い、B錠からA錠へのただの名称変更だったらしい。

販売名変更等のお知らせ(2019 年 12 月収載品)

まぎらわしい真似をしやがってトーワ。

バルプロ酸ナトリウムの一般名処方

何かとパニックを起こしがちなバルプロ酸ナトリウムの一般名処方ですので、勉強しなおし。

バルプロ酸ナトリウムの一般名処方がきた場合には注意を要する。

【般】バルプロ酸Na細粒40%
【般】バルプロ酸Na徐放顆粒40%

【般】バルプロ酸Na錠200mg
【般】バルプロ酸Na徐放錠200mg

一般名処方マスタ上は上記のような違いになっているが、必ずしも一般名処方マスタどおりに記載してくる処方箋ばかりではなく、医師が普通錠と徐放錠を勘違いしていることもあるし、医療事務が選択を間違えることもある。

一般名用法商品名一包化の可否
【般】バルプロ酸Na細粒20%1日2〜3回デパケン細粒20%
バルプロ酸ナトリウム細粒20%「EMEC」
【般】バルプロ酸Na細粒40%1日2〜3回デパケン細粒40%
バルプロ酸ナトリウム細粒40%「EMEC」
【般】バルプロ酸Na徐放顆粒40%1日1回セレニカR顆粒40%
バルプロ酸Na徐放顆粒40%「フジナガ」
バルプロ酸ナトリウム徐放U顆粒40%「アメル」
【般】バルプロ酸Na錠100mg1日2〜3回デパケン錠100mg×
バルプロ酸Na錠100mg「フジナガ」×
バルプロ酸ナトリウム錠100mg「アメル」×
バルプロ酸Na錠100mg「TCK」×
バレリン錠100mg
【般】バルプロ酸Na錠200mg1日2〜3回デパケン錠200mg×
バルプロ酸Na錠200mg「フジナガ」×
バルプロ酸ナトリウム錠200mg「アメル」×
バルプロ酸Na錠200mg「TCK」×
バレリン錠200mg
【般】バルプロ酸Na徐放錠100mg(1)1日1〜2回デパケンR錠100mg
バルプロ酸ナトリウム徐放錠A100mg「トーワ」
バルプロ酸ナトリウムSR錠100mg「アメル」
【般】バルプロ酸Na徐放錠200mg(1)1日1〜2回デパケンR錠200mg
バルプロ酸ナトリウム徐放錠A200mg「トーワ」
バルプロ酸ナトリウムSR錠200mg「アメル」
【般】バルプロ酸Na徐放錠200mg(2)1日1回セレニカR錠200mg×
【般】バルプロ酸Na徐放錠400mg(2)1日1回セレニカR錠400mg×

用法から推測する場合もあり、
粉で1日2回か1日3回ならバルプロ酸Na細粒40%、1日1回ならバルプロ酸Na徐放顆粒40%と予測がつく。
しかし、バルプロ酸Na顆粒40%1日2回という用法で来たら、よくわからないため念のため疑義照会する。「顆粒だからセレニカのことだった」と後から言われるかも知れない。

錠剤だと用法で推測するのは難しい。

セレニカR錠200mgとデパケンR錠200㎎の一般名処方の違いは、
【般】バルプロ酸Na徐放錠200mg(1)
【般】バルプロ酸Na徐放錠200mg(2)
という番号の違いで区別しているが、番号が記載されていないこともある。

とにかく、バルプロ酸ナトリウムの処方が来たら、他の薬剤師とも確認し、念のため疑義照会をして調剤に取り掛かるのが最善である。


IMG_0670
薬剤師

勉強ってつまらないなぁ。楽しみながら勉強できるクイズ形式の勉強法とかがあればなぁ。

先生

そんな薬剤師には、m3.com(エムスリードットコム)の、薬剤師のための「学べる医療クイズ」がおすすめ。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
職業:薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう。

最新の記事


人気の記事

タグ


検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ