2020年1月27日更新.3,319記事.6,240,536文字.

ドラッグストアで働く無気力ネガティブ薬剤師が、日々の仕事に憔悴しながらも、自分を奮い立たせるためのモチベーションとして、知的好奇心を揺さぶるために書き綴る勉強内容の備忘録的ブログ。

記事

バップフォーとベシケアの違いは?

過活動膀胱と抗コリン薬

ポラキスやバップフォーなど旧世代の抗コリン薬は、新世代のベシケア、デトルシトール、ウリトス、ステーブラ、トビエースに比べて劣ると考えられがちである。しかし、そうとも限らない。

ベシケア(ソリフェナシン)は、唾液腺、腸管平滑筋、毛様体筋などに分布するムスカリン受容体に特異的に結合し、抗コリン作用を発揮する。

中でも、膀胱平滑筋の収縮に主に関与するとされるムスカリンM3受容体への親和性が高い。

一方、バップフォー(プロピベリン)は、ムスカリン受容体に広く結合して抗コリン作用を発揮することに加え、カルシウム(Ca)拮抗作用により、膀胱平滑筋の収縮を抑制する。

膀胱平滑筋の収縮は、①アセチルコリンが主に働き、ムスカリン受容体を介するコリン作動性の収縮、②アデノシン三リン酸(ATP)が主要な神経伝達物質であるプリン作動性(アトロピン抵抗性)の収縮、に大きく分けられる。

このうち、ATPによる収縮反応は、プリン受容体のサブユニットの1つであるP2X1受容体を介して、Caイオンが細胞外から細胞内へ流入することで生じる。プロピベリンはこのP2X1受容体に作用して膀胱の収縮を抑制すると考えられている。

そのため、ベシケアなどの新世代薬の効果が不十分になった場合、別の機序も併せ持つ旧世代のバップフォーに変更するという選択肢も考えられる。

その際、旧世代薬はムスカリン受容体に広く作用することも踏まえて、口渇、便秘、ふらつきなどの副作用に十分注意する必要がある。

IMG_0670
薬剤師

勉強ってつまらないなぁ。楽しみながら勉強できるクイズ形式の勉強法とかがあればなぁ。

先生

そんな薬剤師には、m3.com(エムスリードットコム)の、薬剤師のための「学べる医療クイズ」がおすすめ。

コメント


カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
職業:薬剤師(名ばかり管理薬剤師)
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
モットー:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう

最新の記事


人気の記事