更新日:2017年1月22日.全記事数:3,124件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

アレグラとアレジオンどっちがいい?


スポンサードリンク

アレグラとアレジオンの違いは?

これから花粉症シーズンに入るにあたって、アレグラとアレジオンが主に売れるわけですが、「どっちがいいの?」と聞かれることは多い。

正直、どちらも第二世代の抗ヒスタミン薬で、大した違いは無い。

一番大きいのは、用法の違い。
アレグラが1日2回という用法なのに対して、アレジオンは1日1回。
1日1回で済むほうが楽、という考え方の人と、夜も日中も症状が辛いので1日に2回くらい飲みたい、という考え方の人がいるので、ニーズに合わせてお勧めする。

眠気に関しては、アレジオンには車の運転注意の記載があるのに対して、アレグラには運転注意の記載がない。
脳内ヒスタミン受容体の占有率はどちらも10%以下で、アレジオンでもほとんど眠気は出ないものと思われるが、注意書きに記載がある以上、販売時に注意する必要があり、それを気にするお客さんもいる。

値段に関しては
アレグラ錠14錠:1,314円(税別)
アレジオン錠10mg6錠:1,219円(税別)
アレグラは1日2回なので7日分、アレジオンは1日1回なので6日分。
大体同じ金額と思われる。

しかし、薬価(2015.2現在)でみると、
アレグラ錠14錠:1058.4円
アレジオン錠10mg6錠:657円
なんか差が大きいような気がする。
これはアレルギー性鼻炎に使われるアレジオンの用量が10~20mgとなっていることも関係する。
アレジオン錠20mg6錠=876円なので、こちらのほうがアレグラの価格と比べた時に近い。
薬価的にはアレグラ60mg=アレジオン20mgという評価なのだと思う。

うちの薬局での処方頻度では、アレジオン錠10mgよりもアレジオン錠20mgのほうが多いので、医療用のアレジオン錠20mgを昨シーズン使用していた患者さんが同じOTCのアレジオン10を購入した場合に、「弱い」と感じることもしばしばあるのではないかと思われる。

そう考えると、アレグラのほうがアレジオンより「効いている」と感じている人のほうが相対的に多いと言えるかも知れない。
ということで、個人的な結論としては、「アレジオンよりもアレグラのほうが効く」でした。

おしまい。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク