更新日:2015年10月22日.全記事数:3,087件

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

柴苓湯は漢方のステロイド?


スポンサードリンク

柴苓湯

柴苓湯は漢方のステロイドと呼ばれている。

柴苓湯

柴苓湯には、ステロイド様の免疫調整作用のほか、血小板凝集能抑制作用があるとの報告があります。このような作用を応用し、ネフローゼをはじめ抗リン脂質抗体価が高い不育症(習慣流産)の治療に用いることがあります。ステロイド薬のような強い作用がないかわり、副作用はほとんどありません。

ステロイドの副作用がひどくなった患者さんがステロイドを減量して、代わりに柴苓湯を処方されたのですが、よく効くという話をしていた。

柴苓湯の構成生薬は、
柴胡
黄ごん
半夏
人参
甘草
生姜
大棗
猪苓
茯苓
蒼朮
沢瀉
桂皮

柴苓湯=小柴胡湯+五苓散とのことで、構成生薬を調べると、
柴胡(小柴胡湯)
黄ごん(小柴胡湯)
半夏(小柴胡湯)
人参(小柴胡湯)
甘草(小柴胡湯)
生姜(小柴胡湯)
大棗(小柴胡湯)
猪苓(五苓散)
茯苓(五苓散)
蒼朮(五苓散)
沢瀉(五苓散)
桂皮(五苓散)

柴苓湯も、吐き気や胃腸炎に使われることがありますが、五苓散が入ってるとのことで納得。

小柴胡湯 – Wikipedia

柴胡は、作用機序の明確で無い多くの生薬の中で、比較的作用機序の明確になってきている数少ないものの一つである。つまり、一つには構成成分のサイコサポニンにステロイド様の作用があり、炎症に対して抗炎症的に作用するらしい。したがって、柴胡剤は喘息・膠原病など、各種の慢性炎症に対する東洋医学の「切り札」的な存在として脚光を浴びていたが、その後インターフェロンとの副作用情報が報道されたために、漢方医以外にはやや縁遠い薬になり、一時期ほど頻用される薬剤ではなくなった。

柴苓湯だけでなく、柴胡剤全般にステロイド様作用があるとみていいのかな。

小柴胡湯が入ってると考えると、インターフェロンや肝硬変には注意しなきゃいけないな。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

リンク

薬剤師向けリンク集
薬剤師必携書籍
添付文書(PMDA)

人気の記事

最新の記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク