更新日:2016年12月31日.全記事数:3,117件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ダントリウムとテルネリンの違いは?


スポンサードリンク

中枢性筋弛緩薬と末梢性筋弛緩薬の違いは?

肩こりや腰痛などに処方される筋弛緩薬。

テルネリンやミオナールが処方されることが多い。

筋弛緩薬のほとんどは中枢に働く、中枢性筋弛緩薬。

内服薬でただ一つ、末梢性の筋弛緩薬がある。
それがダントリウム。

筋肉に直接働いて筋弛緩作用を生じる末梢性筋弛緩薬と、中枢に働いて筋弛緩作用を生じる中枢性筋弛緩薬。

麻酔に使われるのは末梢性筋弛緩薬。
殺人や死刑に使われるのも末梢性筋弛緩薬。
そう考えると、ダントリウムって怖い薬に感じる。

末梢性筋弛緩薬といっても、脱分極性、非脱分極性、骨格筋直接型筋弛緩薬などがある。
ダントリウムは筋小胞体からカルシウムイオン放出を抑えて直接筋肉の興奮-収縮機構に作用して筋弛緩する骨格筋直接型筋弛緩薬。

中枢性筋弛緩薬は、筋弛緩作用の他に脊髄のシナプス反射の抑制による鎮痛効果などもあり、そのため肩こりや腰痛などによく使われるらしい。
中枢性筋弛緩薬ってひとまとめに言ってしまっているけれど各々作用機序がよくわかんないし、デパスなんかも中枢性筋弛緩薬に含めると、リラックスする薬的な、軽い感じの印象。
呼吸筋まで弛緩しない、リスクの少ない薬。

ダントリウムは筋肉に対する作用機序もはっきりしているし、効果も強い。
同じ筋弛緩薬と言っても、末梢性筋弛緩薬と中枢性筋弛緩薬は一線を画す、まったく違う薬と言えよう。

ダントリウムとフェニトインは似ている?

ダントリウムはヒダントイン誘導体であるが、フェニトインなどの他のヒダントイン系薬物とは異なり、主に骨格筋の興奮収縮連関に作用し、筋小胞体からのCa2+の放出を抑制する。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

お気に入りリンク

添付文書(PMDA)
Mindsガイドラインライブラリ
健康食品の安全性・有効性情報
管理薬剤師.com
DIオンライン