2018年9月18日更新.3,327記事.5,528,363文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

保湿剤の上からイクセロンパッチ?

スポンサーリンク


リバスチグミンのパッチと皮膚症状

リバスチグミンのパッチを使用する患者には高齢者が多いが、高齢者の皮膚は通常、皮脂の産生量の減少による保湿機能の低下のため乾燥しやすい。

さらい、皮膚のバリア機能が低下していることも多く、皮膚症状が発現しやすい。

皮膚がひび割れたり、表皮が薄い状態で、毎日リバスチグミンを貼るとそれが刺激となり、かぶれやすくなる。

皮膚の乾燥を防ぐため、保湿剤が併せて処方されることも多い。

保湿剤としては油脂性軟膏の白色ワセリンのほか、ヘパリン類似物質(ヒルドイド)や尿素を含むクリームやローション、セラミド含有保湿剤も使用されている。

かぶれの予防には、保湿剤をリバスチグミンを貼る予定の部位にあらかじめ塗っておく。

ただし、貼る直前に保湿剤を塗るとパッチが剥がれやすくなる。

左右交互に貼るのであれば、翌日の貼付に備え、剥がした後の部位に塗っておくよう指導するといいだろう。

貼付した部位の皮膚の修復改善を促す効果も期待できる。

リバスタッチパッチで皮膚がボロボロ?

貼付剤では高頻度に皮膚掻痒感や接触性皮膚炎、皮膚剥離などの皮膚症状が出ます。
そのため貼付部位を毎日変えることが推奨されています。

高齢者の皮膚は水分量が少なく乾燥し刺激に弱くなっていたり、弾力性に乏しく脆弱になっていることが多いので、貼り替える時に皮膚剥離を起こさないよう注意して剥がす必要があります。

剥がした後の皮膚に粘着層が残ると皮膚刺激の原因となり得るのできれいに取り除くよう心がけることも大切です。

添付文書では薬剤による皮膚への刺激による湿疹や皮膚炎等の悪化を避けるために正常な皮膚へ貼付するよう、また、粘着力の低下を防ぐために体毛の少ない清潔な皮膚に貼付するよう注意されています。

しかし、乾燥や湿疹による痒みを訴える高齢者は多く、貼付部位が限られる場合も考えられます。

入浴拒否、清潔拒否をされる認知症患者では清潔な皮膚の状態を整えにくい場合もあります。

作用機序が同様のアリセプトとの併用はできませんので、管理のしやすさや副作用以外にこのような点にも留意して内服剤と貼付剤を選択することもできるのではないでしょうか。

高齢者の肌にリバスタッチパッチは向かない

高度ADの場合、コンプライアンス向上の意味では貼付剤が有効であろう。

しかし、リバスチグミン貼付剤は国内臨床試験で副作用発現率が83.9%であり、その多くが貼付部位付近の掻痒、紅斑、接触性皮膚炎であることを考えると、高齢で乾燥肌である患者が多いためその使い勝手は未知数である。

イクセロン/リバスタッチ

リバスチグミンは、アセチルコリンを分解するもう1つの酵素、ブチリルコリンエステラーゼに対しても阻害作用を示す。

ただし、ブチリルコリンエステラーゼ阻害の臨床的な意義には不明な部分も多い。

同薬の最大の特徴は、AD治療薬では唯一のパッチ剤である点だ。

海外で使われている同薬の経口薬では、他のアセチルコリンエステラーゼ阻害薬に比べ、悪心・嘔吐といった副作用が高頻度で出現。

そこで、消化器症状の主因である最高血中薬物濃度(Cmax)の高さを改良するため、経皮吸収型製剤が開発された。

リバスチグミンには、含有量に対応して4つの規格がある。

4.5mgの一番小さいパッチ剤から開始して、4週間ごとに大きいサイズに変更。

開始から12週後に維持量の18mgに到達する。

服薬介助を必要とすることが多い認知症治療において、パッチ剤を歓迎する声は多い。

パッチ剤は、経口薬だと飲んだふりをして後で隠れて吐き出してしまうような患者に向いている。

患者の家族や介護従事者が、目で見て投薬を確認できるのもメリット。

パッチ剤だからといって全ての患者に勧められるわけではない。

ほとんどの認知症高齢者は、降圧薬、血糖降下薬、骨粗鬆症治療薬など複数の経口薬を服用している。そこに新たに1剤を追加するなら、経口薬として一包化できた方が投薬の手間は増えない。

参考書籍:ファーマトリビューン2012.1

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

最新の記事

人気の記事

最近のコメント

検索

スポンサーリンク

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

タグ

検査値 調剤関連資料