更新日:2017年1月27日.全記事数:3,117件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

活性型ビタミンD3とステロイドを混ぜてもいい?


スポンサードリンク

ドボベット軟膏とは?

活性型ビタミンD3製剤とステロイドの混合製剤が発売されました。
名前はドボベット軟膏。

カルシポトリオール水和物/ベタメタゾンジプロピオン酸エステル配合剤だから、ドボネックスとリンデロンDPです。
うちの薬局ではオキサロールとデルモベートの混合が多いです。
病院の皮膚科の先生方は、薬局での待ち時間とかどうでもいいと思っているでしょうから、あえて変更してくるとは思えない。

そのうち、あえてドボベット軟膏と別のステロイドを混ぜる処方とか、オリジナルを好む先生方は行ってくるような気もする。

ドボネックスは混ぜないほうがいい?

液滴分散型のドボネックスやボンアルファは混合しないほうがいいという話もある。

ステロイド+VD3のmixは基本的にn.p.だが、VD3軟膏の液滴分散が破壊されて吸収が上がりすぎて副作用を生じやすくなるという見解と、ステロイドとmixされるとIL系にも作用するようになり効果が改善するという見解があり、結論が出ていないオキサロールお勉強会 – じゃる日記

ドボネックス軟膏とデルモベート軟膏の混合、という処方はたまにある。
患者のコンプライアンスを考えると、混ぜちゃったほうがいいだろう。

活性型ビタミンD3とステロイドの混合

活性型ビタミンD3とステロイドとの配合剤は海外で市販されていますが、日本では市販されていないために、混合する処方が増加しています。

活性型ビタミンD3は紫外線や過酸化物に弱いのが特徴ですが、ステロイド軟膏剤との混合では含有量が低下しないとの報告が多くあります。

しかし、一部の基剤のpHが酸性の軟膏剤と混合すると含量低下が起こります。

この代表としてウレパール、サリチル酸ワセリンおよびマイアロン軟膏があります。

ウレパールはケラチナミン軟膏およびパスタロンソフトのpHが7前後であるのに対し、5前後であり、マイアロン軟膏はデルモベート軟膏の後発品でありますが、先発品には含まれていないクエン酸が配合されています。

また、活性型ビタミンD3軟膏剤はいずれも液滴分散法により調整されており、混合により液滴の合一が認められることから、混合すべきではありません。

ビタミンD3とマイアロン軟膏を混ぜちゃダメ?

デルモベート軟膏のジェネリックであるマイアロン軟膏。

有効成分は同じです。

しかし、マイアロン軟膏にはクエン酸が含まれているため、酸性で不安定な軟膏と混合した時に効果が変わってしまいます。

特にビタミンD3製剤。

乾癬治療に用いられるビタミンD3製剤は基剤が酸性により失活する傾向があります。

サリチル酸ワセリンとの混合は禁忌とされています。

マイアロン軟膏の混合には注意です。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

お気に入りリンク

添付文書(PMDA)
Mindsガイドラインライブラリ
健康食品の安全性・有効性情報
管理薬剤師.com
DIオンライン