更新日:2015年10月22日.全記事数:3,136件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

フルイトランで尿量減少?


スポンサードリンク

尿崩症とフルイトラン

病気別の薬フォルダー

腎性尿崩症にサイザイド系利尿薬のフルイトランやニュートライドが応用されます。不思議なことに腎性尿崩症に用いると、利尿作用とは逆に働き、尿量が減少するのです。詳しい作用機序は分かっていませんが、本来の作用部位ではない近位尿細管でのナトリウム(塩分)と水分の再吸収促進作用が優勢になるものと推定されています。治療をはじめると、遠位尿細管におけるナトリウム利尿により一時的に尿量が増えますが、その後 減少に転じます。服用量は常用量からやや多めです。

まったくわからない。

バカですみません。

千葉大学腎臓内科

腎性尿崩症で時に用いられるのはループ利尿剤ではなくサイアザイド利尿剤。その機序はかならずしも明快ではないが、サイアザイドにより遠位曲尿細管での水分と塩分の再吸収が阻害されると、結果的に近位尿細管での水分とナトリウムの再吸収が更新し、これにより後の方(遠位尿細管)–これが腎性尿崩症で異常をおこしている部位–には水分が少なくなり、排出される尿の総量が減少すると考えられている。

遠位尿細管での水分吸収が阻害されて利用作用が発揮されるわけだけれども。

遠位尿細管での水分吸収が阻害されると、代償的に近位尿細管での水分吸収が亢進されるということ?

これは尿崩症以外の人では起こらないメカニズムなのかな。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク