更新日:2015年10月22日.全記事数:3,079件

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

偽妊娠療法と偽閉経療法どっちがいい?


スポンサードリンク

偽閉経療法

子宮筋腫とか子宮内膜症は、女性ホルモン(エストロゲン)が影響を及ぼし、悪化する。

なので、エストロゲンの分泌を低下させて、閉経後の状態に近くするのが「偽閉経療法」。

偽閉経療法

使われるのは、ボンゾールとかGnRHアナログ製剤。

しかし、更年期と同じような状態にするので、更年期障害が起こる可能性がある。

偽妊娠療法

子宮内膜症は、子宮以外の場所に子宮内膜ができる病気。
月経時に痛くなるので、月経が来ないようにすればいい。

月経が来ない状態とは、閉経後か妊娠中。

閉経の状態にするのが「偽閉経療法」で、妊娠の状態にするのが「偽妊娠療法」。

子宮筋腫はエストロゲンの分泌が原因といわれているので、エストロゲンを用いる偽妊娠療法は行われない。

偽妊娠療法-不妊用語辞典

偽妊娠療法とは、人工的に妊娠してる状態をつくり月経をなくす方法です。偽妊娠療法は主に子宮内膜症の治療として行なわれます。

妊娠中は生理が起こらないことが特徴ですが、「偽妊娠療法」ではそれと同じような状態を作りだします。子宮内膜症では毎月の月経がその症状を悪化させる1つの原因となっています。

そこでエストロゲンとプロゲステロンの混合剤(ピル)を飲み続けることで妊娠したような状態を作り出します。そうすることで生理痛、排便痛などの痛みを抑える効果を期待します。しかし偽妊娠療法は病巣の活動を抑制するもので、根治するものではありません。

また偽妊娠療法を長期にわたって治療を続けることで、副作用を伴うことがあります。そこで現在では「偽閉経療法」という別の方法が一般的な治療法です。

偽妊娠療法よりも偽閉経療法のほうが効果が高い。

若い人や症状の軽い人には「偽妊娠療法」。

症状の重い閉経の近い人には「偽閉経療法」。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

リンク

薬剤師に役立つリンク集
薬剤師に役立つ書籍

人気の記事

最新の記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク