2016年12月21日水曜更新.3,291記事.5,383,893文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

緑内障患者は風邪薬を飲めない?

スポンサーリンク


緑内障患者に使える風邪薬

かぜ薬に含まれる成分のなかでも抗ヒスタミン薬には注意が必要です。

抗ヒスタミン薬は主として鼻水、鼻づまりに有効でほとんどのかぜ薬に含まれています。

抗ヒスタミン薬は緑内障症状を悪化させますが、実際に注意が必要なのは閉塞隅角緑内障の患者(全緑内障の約1割)で、レーザー虹彩切開術を受けている場合を除きます。

開放隅角緑内障で眼圧がコントロールされていれば問題ないとされています。

こうした薬剤を使用する場合は医師の許可が必要です。

眼圧上昇の注意が必要な薬剤としては、エフェドリン、メチルエフェドリン、カフェインなどがあり、慎重投与になっています。

緑内障は眼圧が高まって視神経が障害され、視力の低下や視野の狭窄の症状に始まり、適切な治療を行わないと失明することもあります。

緑内障には症状が急に悪くなる「閉塞隅角緑内障」と、徐々に悪くなる「開放隅角緑内障」があります。

特にOTC医薬品のかぜ薬を購入するときに注意が必要なのは、閉塞隅角緑内障です。

閉塞隅角緑内障は毛様体で作られた房水が隅角の閉塞によりうまく排出されず、急激に眼圧が上昇するものです。

第一世代抗ヒスタミン薬は、抗コリン作用により隅角を閉塞します。

抗ヒスタミン薬、抗コリン薬を含む薬はかぜ薬に限らず眼房水の排出をさらに悪くさせるので注意が必要です。

参考書籍:調剤と情報2012.11

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

最新の記事

人気の記事

最近のコメント

検索

スポンサーリンク

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

タグ

治療薬一覧 検査値 調剤関連資料