更新日:2017年2月3日.全記事数:3,190件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

目薬の使い方は難しい?


誰でも簡単に使える、と思われがちな目薬ですが、正しく点眼できている人はほとんどいないという話。きちんと効果を出すため、全身への副作用を回避するため、目頭を押さえることくらいは指導しましょう。

スポンサーリンク

目薬の正しい使い方

・点眼前に手を洗う
・指で下まぶたを軽く引き、容器の先がまつ毛に触れないように注意する
・点眼は1回1滴とする
・点眼後は静かに目を閉じ、軽く目頭を押さえる
・目の周りに溢れた薬液は拭き取り、手についた薬液は洗い流す
・複数の点眼液を使う場合は、5分以上の間隔をあける
・決められた点眼時間と点眼回数を守る。
・目薬は他人と共用しない。
・開封してから1か月以上経った目薬は使用しない。

点眼後に目をパチパチしちゃダメ?

点眼後にまばたきをしたほうが効果が出ると思っている患者がいる。
目から鼻に落ちてきたほうが、広い範囲に行き渡っている感じがするようだ。
実際には、目頭を押さえて、鼻に落ちないようにしたほうが眼に効果的というわけだ。

あと、1滴さすよりも2滴さしたほうがより効くんじゃないかと思っている人もいる。
2滴さしても3滴さしても、涙嚢の中には1滴分しか入りません。
もったいないし、鼻から流れ落ちると、全身性の副作用の原因にもなるので止めましょう。

点眼後に目をパチパチ、小さい頃よくしていました。
目薬がよく行き届くようなイメージがありますが、目薬は目にだけ働かせればいいので、全身に行きとどかせる必要は無い。

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社は、10日、「瞳にまつわる俗説の真偽と正しい瞳ケア」について眼科専門医(あまきクリニック院長:味木幸)の解説を交えて発表した。
○瞳の俗説「ウソ・ホント」。目薬さしたら目をパチパチは「ウソ」
瞳にまつわる俗説は、全11項目。そのうち6項目がウソという結果になっている。それぞれの真偽と専門医の解説を合わせて紹介する。
●結果「ウソ」という俗説
・黒目の大きさは誰でも同じサイズ
→ウソ。成人した日本人の黒目は直径12(16)、眼球は500円玉くらいが平均的だが、黒目の大きさも眼球の大きさも個人差がある。
・目薬さしたら目をパチパチまばたきさせると良い
→ウソ。目薬が外に流れてしまうか、鼻からのどに流れてしまい、効果が薄れてしまいます。点眼したらそのまましばらくまぶたを閉じ、鼻に目薬が入っていかないように涙嚢(るいのう:鼻の付け根あたり)を押さえると良い。
・目薬は冷蔵庫に入れておくと長持ちする
→ウソ。目薬は基本的に高温多湿と直射日光を避けての「室温保存」するものと「冷蔵保存」する目薬があるので、説明書の保管上の注意に従う。また、一度使用した目薬は冷蔵庫に入れても、細菌が繁殖していたり、成分が変質する恐れがあるので、使用開始後は冷蔵保存していても速やかに使いきる。目薬さしたら目をパチパチは「ウソ」。瞳にまつわる俗説の真偽(マイコミジャーナル) – goo ニュース

点眼方法のポイント

①眼瞼およびまつげに触れずに1滴点眼する。
②点眼後はまぶたを閉じるか、または涙嚢部を圧迫する。
③眼からあふれ出た液は拭き取る。
点眼は結膜嚢容量30μLと涙液量7μLに対して点眼液量50μLですので一滴であふれることになります。
ですので、点眼指導の際は一滴であふれることを前提に涙嚢部圧迫や閉眼を勧めます。

目薬の使い方はほとんどの人が間違っている?

 大手製薬会社、ファイザー(東京都渋谷区)の調査で、大多数の人が目薬を誤って使用している実態が明らかになった。
 同社は2月、病院で複数の目薬を処方されたことのある40~60代の男女1200人にネットで調査。その結果、目薬を一度にさすのは1滴が66・5%で正しい用法が多数を占める一方、2滴以上が33・5%に上った。2滴以上と答えた人の79・4%が「正しく点眼している」と回答した。
 点眼後の行動として、「目をパチパチさせる」「しばらく見開いたまま」など適切でない人が94・2%。「しばらく目頭を押さえながら目を閉じる」という正解は、わずか5・8%にとどまった。また複数点眼の際、5分以上の間を空けない人は37・2%だった。
 調査結果について岐阜大大学院の山本哲也教授(眼科学)は「2滴以上なら効果が大きいというのは誤解。点眼後はまぶたを閉じ、鼻などに流れないよう目頭を軽く押さえて。複数点眼時は、最初の薬を吸収させるため5分以上空けてほしい」と指摘している。目薬の使用法、大半が間違い – MSN産経ニュース

目薬の使い方なんて適当でいいでしょ、というのが大体の人の考えでしょう。
多めに点眼したからといって、飲み薬ほど副作用が出るわけでもない。

花粉症シーズンで痒み止めに目薬がよく処方されますが、1回1~2滴なんて指示もあります。
多めに使って花粉を洗い流す、なんて医者の指示も。

「点眼後しばらくまぶたを閉じて目頭を軽く押さえる」という行動はほとんどできていないようなので、薬局でも啓蒙が必要かな。

スポンサーリンク

関連する記事

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」「時間は有限、努力は無限」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

スポンサーリンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ