更新日:2015年10月22日.全記事数:3,095件

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

大人のあせもが増えている?


スポンサードリンク

あせも

首の周りや額などに赤いブツブツができます。

汗が汗管から皮膚の表面へスムーズに排泄されずに供給過剰となり、汗管内に貯留し周囲組織に漏れ出るために生じます。

乳幼児に多く発症しますが、成人でも急に多量の汗をかくと、キラキラとした透明な水疱(水晶様汗疹)が稀にできることがあります。

汗をかいたらシャワーを浴びる等、清潔にすることが予防になります。

大人のあせも

 大量の汗が噴き出し、あせもが気になる夏真っ盛り。製薬会社によると、あせもの薬の売り上げは右肩上がりで、最近は子どもだけでなく、大人のあせもも急増しているという。よしき皮膚科クリニック銀座(東京都中央区)の吉木伸子院長は「二次感染を防ぐため、引っかかないで、かゆみを止めるのが大切だ」とアドバイスしている。
 あせもは医学的には、汗が一度に大量に出ることで汗を出す管(汗腺)が閉塞[へいそく]するのが原因。皮膚のごく表層で閉塞して水泡になる「白いあせも」と、神経の多いやや深い場所で閉塞して赤みがかった炎症を起こす「赤いあせも」などがある。
 乳幼児の顔によく見られる白いあせもは、かゆみや痛みはなく、数日で自然に治る。より一般的なのは赤いあせもで、かゆみやチクチクした痛みを伴い、治るのに1~2週間かかることも。
 あせもを予防するには高温多湿を避け、通気性の良い衣類を着用するなどして、大量の発汗を避けるのが原則。汗をかいたら、シャワーを浴びたり、タオルやハンカチでこまめにふき取ったりするのがよいという。
●痛み伴う「とびひ」
 あせもができた場合、最悪の対応は引っかくこと。かくと指やつめに付着している黄色ブドウ球菌などが傷口から侵入して化膿[かのう]したり、アトピー性皮膚炎のある子どもの場合などには、水疱[すいほう]が全身に広がって激しい痛みを伴う「とびひ」になることがある。
 昨年、3歳の長男があせもからとびひになった東京都内の女性会社員(34)は「おなかや背中に赤いプツプツのあるあせもができて、寝ている最中も指でぼりぼりかいていた。かさぶたができたと思ったらあっという間に全身に広がり、治るのに1~2週間かかった」と話している。
 吉木院長によると、あせもはかかなければ通常は自然に治る。かゆい場合は市販のかゆみ止めが有効だ。「どうしてもひどくなる場合は皮膚科の受診を」と言う。
 ただ、夏に「あせもができた」と皮膚科に駆け込むケースの多くは、こうした真のあせもではなく、汗による皮膚のかぶれである「接触性皮膚炎」という。塩分やアンモニアなどの汗の残留物が皮膚を刺激して起こる。特に乾燥や摩擦などで皮膚が弱くなっていると起こりやすい。シャワーで洗い流すのが有効だが、せっけんで洗いすぎないことが大切という。
 近年、美容や健康に良いとして半身浴やホットヨガ、岩盤浴などで汗を出すのが流行している。吉木院長は「汗をわざと出そうとしているとだんだん汗かきになり、夏場のあせもの原因になる。ほどほどに」と指摘している。
 ユースキン製薬(川崎市)によると、「あせもクリーム」の販売個数は2006年の販売開始以来、毎年増え続け、今年は7月第1週に既に昨年実績の約34万個を超えた。大人の購入層が増え、販売店から「サラリーマンやOL向けの販促ツールを作ってくれ」との要望が舞い込むという。
 同社の広報担当者は「近年の高温多湿の気候や、急激な温度変化を伴う冷房の多用といった生活環境の変化が、大人のあせもが増える要因ではないか」と話している。医療QQ – 夏のあせも対処法 引っかかず、かゆみ止め – 医療記事 – 熊本日日新聞社

うちの奥さんも、最近あせもがひどくて引っ掻いていますね。
あせもにしても、虫さされにしても、引っ掻いてはいけませんね。

とびひになります。
大人もとびひになります。

あせもにカラミンローション?

カラミンローションなる医薬品がある。
あせもや日焼けに使われる。

組成 100mL中 カラミン 8g、酸化亜鉛 8g
カラミンと酸化亜鉛って同じものだと思ってた。

よくわからないけど、亜鉛製剤。
水疱瘡のときのカチリみたいなもんか。

効くのかどうだか。
カラミンローションが水疱瘡に使われることもあるそうな。

子供には暗示効果があるのかな。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

リンク

薬剤師向けリンク集
薬剤師必携書籍
添付文書(PMDA)

人気の記事

最新の記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク