更新日:2016年12月21日.全記事数:3,136件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

抗生物質と抗菌薬は違う?


スポンサードリンク

抗生物質と抗菌薬の違いは?

抗生物質と抗菌薬は違います。

抗生物質とは、「微生物が産生し、ほかの微生物の増殖を抑制する物質の総称」です。

微生物が産生したものが「抗生物質」です。

なので、化学合成された抗菌剤は抗生物質とは言いません。

しかし、今日では「微生物の産生物に由来する化学療法剤」が広義には抗生物質と呼ばれています。

しかし、ニューキノロンやサルファ剤は完全に人工合成された薬なので、抗生物質と呼ぶのは誤り。

ニューキノロンはニューじゃない?

ニューキノロン系抗菌剤という呼び名は定着してます。

ニューに対してオールドキノロンもあるわけですが、ほとんど使われません。

最初のニューキノロンが発売されてすでに10年以上過ぎている現在では、ニューという言葉をいつまでも付けているのはおかしいので、最近では単にキノロン系またはフルオロキノロン系と呼ぶこともあります。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク