更新日:2017年1月22日.全記事数:3,128件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

リーマスとNSAIDs併用でリチウム中毒?


スポンサードリンク

リーマスとNSAIDsの併用

ボルタレンなどのNSAIDsは腎障害を惹起する可能性の高い薬物群である。

したがって、NSAIDs使用時に腎臓から消失する薬物の腎排泄が低下して血液中濃度の上昇から有害作用が惹起することがある。

たとえば、リチウムとNSAIDsとの併用によりリチウムの血中濃度が上昇し、リチウム中毒を呈することがあり、併用時には注意する必要があるとされている。

リチウムとインドメタシン、ピロキシカム、イブプロフェン、ケトプロフェン、メフェナム酸、ナプロキセン、フェニルブタゾンなどの併用によるリチウムの副作用の発現などが報告されている。

一方、スリンダクは血清中リチウム濃度を減弱させるか変化を与えないと報告されている。

またアスピリン、サリチル酸ナトリウムはリチウムとの相互作用はないといわれている。

NSAIDsはプロスタグランジン合成阻害作用をもち、薬理作用としては、抗炎症作用とともにプロスタグランジン系を介して、血管収縮作用を有している。

つまり、腎においてプロスタグランジン合成を阻害して、腎血流の低下、糸球体濾過速度・血管の透過性を変化させたり、腎の水分および電解質(ナトリウムやカリウム)の代謝に影響する可能性がある。

これらの作用は結果としてリチウムクリアランスの低下を招き、血清からの尿中へのリチウム排泄を減らし、血清リチウム濃度を上昇させることになる。

さらにリチウムの投与そのものが腎プロスタグランジンの増加状態をもたらし、その際のNSAIDs併用が、少量でも腎機能に大きな影響を与えるという可能性も指摘されている。

しかし、アスピリンは腎のプロスタグランジン合成をかなりの程度阻害するが血清中リチウム濃度に影響を与えないことから説明のつかない部分も存在する。

リーマス服用中コーヒーを飲んじゃダメ?

報告数は非常に少ないのですが、カフェインが炭酸リチウムの吸収を阻害することが報告されています。

服用中にカフェインの摂取量が変わるとその吸収量の変化で思わぬ副作用やリチウム中毒になる危険性もあるので注意を喚起してください。

カフェインフリーの生活が望ましいのですが、それが無理な場合は「日常で摂取するカフェインの入った飲食物の量をなるべく一定にする」よう伝えます。

途中で急にカフェインの摂取量が減ると、吸収を阻害するものがなくなり、炭酸リチウムの吸収が進んでしまうことも考えられます。

リチウム中毒

一般的に躁病治療時の血清リチウム濃度は0.6~1.2mEq/L、急性躁病治療には0.8~1.5mEq/L、鬱病治療にはこれらよりやや低めの値が勧められている。

中毒濃度はそれより高い2mEq/Lであるが、治療濃度と中毒濃度との差が小さいので、使用の際には注意が必要とされる薬剤である。

リチウムの「使用上の注意」は、リチウムとNSAIDsとの併用はリチウムの副作用が起こる可能性があり注意するように指示されている。

リチウム中毒の初期症状としては、嘔気、嘔吐、粗大振戦、筋攣縮、運動障害、脱力、発汗などがある。

さらに中毒が進行すると頭痛、耳鳴、眼振、意識障害、痙攣発作、血圧低下、心電図異常、昏睡などの症状が現れることがある。

リチウムとNSAIDsとの併用でこれらの諸症状が現れた場合には、リチウムの投与量の減少、あるいはリチウム、NSAIDsを中止する必要があると考えられる。

参考書籍:調剤と情報2011.12

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク