2018年10月15日更新.3,348記事.5,690,241文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ヘモグロビンA1c6%未満を目指すべきか?

スポンサーリンク


ヘモグロビンA1cから平均血糖値を知る方法

推定平均血糖値(mg/dl)=28.7×HbA1c(%)-46.7
という式があるそうだ。

例えばHbA1c7%をこの式に当てはめると154.2mg/dLになる。
HbA1c6%をこの式に当てはめると125.5mg/dLになる。

食後と空腹値血糖値の差は大きいので、平均の血糖値がわかってもピンときませんが。

HbA1c(NGSP)(%)は患者の平均血糖値を示す指標なので、医師から「良」を目指せと言われているはずです。この「良」というのはHbA1c 6.2~6.9%ですから、そう簡単には達成できません。なぜなら、HbA1c 6.2~6.9%というのは空腹時血糖値を110~130mg/dl、食後2時間血糖値140~180mg/dlの範囲内に収めないと、まず実現できない数値だからです。HbA1cから自分の平均血糖値を知る方法 [糖尿病] All About

HbA1c7%を切るというのはなかなか難しいようで。
血糖管理目標として、血糖正常化を目指す数値が「6.0%未満」となっていますが、これを目指すように指導すると低血糖でぶっ倒れそう。
合併症予防の「7.0%未満」が達成できていれば、それ以上鞭打つ必要は無いのでは。

健常人の血糖値

健常者(正常型)の空腹時血糖値は日本では110 mg/dl 未満と定められ、100〜109 mg/dlは正常高値とされる。
一方食後血糖値については、一般的に140mg/dlを超えることは少なく、食後2〜3時間で前値に戻ることが示されている。
75gOGTTにおいても、負荷後2時間値140mg/dl未満が、日本での正常型の基準である。

HbA1c

HbA1cとは、ヘモグロビン(Hb)にグルコースが結合した糖化ヘモグロビン(グリコヘモグロビン)のことである。
長期間(約2か月)の平均血糖値を反映する検査である。
HbA1cの値と糖尿病合併症頻度はよく相関し、HbA1c7.0以上では、細小血管障害の頻度が増加する。

糖尿病の検査で、血糖値のほかに「Hb(ヘモグロビン)A1C」という検査値も調べます。

HbA1Cはブドウ糖が非酵素的に結合したもので、その含有量は血糖値に比例し、正常では総ヘモグロビンの6%以下を占めますが、高血糖が持続するとその割合が増加します。
赤血球の寿命が約120日であることから、HbA1Cは少なくとも過去1~2ヶ月の平均血糖値を反映し、糖尿病の経過を評価するよい指標になります。

ヘモグロビンA1c(HbA1c:糖化ヘモグロビン)は、赤血球中の主要蛋白質であるヘモグロビンのβ鎖のN末端アミノ酸であるバリンに、グルコースがシッフ塩基結合したものです。
この結合は初期段階は可逆的ですが、高血糖状態が持続するとアマドリ転位反応を経て安定な糖化ヘモグロビン(HbA1c)となります。
したがって、HbA1cの量(割合)は、平均血糖値を反映したものとなります。
ヒト赤血球の平均寿命は120日ですが、経験的に、おおむね過去1~2カ月の血糖レベルを知ることができます。

HbA1cはあくまで血糖値の平均を反映したものであり、HbA1cが正常であっても高血糖と低血糖と繰り返している例があるため、注意が必要である。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

最新の記事

人気の記事

最近のコメント

検索

スポンサーリンク

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

タグ

検査値 調剤関連資料