2018年9月18日更新.3,327記事.5,530,374文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

同じ成分で劇薬と普通薬のあるもの

スポンサーリンク


劇薬と普通薬

同じ成分の薬でも、劇薬に分類されていたり、普通薬に分類されているものもあって、調剤時に探す棚で戸惑ったりする。

普通薬という呼び方も変かも知れませんが、劇薬じゃないもの。

有名なものはテオドール(テオフィリン製剤)。
劇薬に分類されるのは、
 テオドールシロップ2%
 テオドールドライシロップ20%(0.4g分包品を除く)
 テオドール錠200mg
 テオドール顆粒20%(0.5g分包品を除く)
普通薬に分類されるのは、
 テオドール錠100mg
 テオドール錠50mg

次にカロナール(アセトアミノフェン製剤)。
劇薬に分類されるのは、
 カロナールシロップ2%
 カロナール原末
 カロナール坐剤400
 カロナール細粒20%(分包品を除く)
 カロナール細粒50%(0.6g分包品を除く)
 カロナール錠500
普通薬に分類されるのは、
 カロナール坐剤100/カロナール坐剤200
 カロナール坐剤小児用50
 カロナール錠200/カロナール錠300

そして、ドグマチール(スルピリド製剤)。
劇薬に分類されるのは、
 ドグマチール細粒10%/ドグマチール細粒50%
 ドグマチール錠100mg/ ドグマチール錠200mg
普通薬に分類されるのは、
 ドグマチールカプセル50mg/ ドグマチール錠50mg

教えてもらったもので追加
コントミン/レボトミン(クロルプロマジン塩酸塩製剤)。
劇薬に分類されるのは、
 コントミン糖衣錠50mg/コントミン糖衣錠100mg
 レボトミン錠50mg
 レボトミン散10%/レボトミン散50%/レボトミン顆粒10%
普通薬に分類されるのは、
 コントミン糖衣錠12.5mg/ コントミン糖衣錠25mg
 レボトミン錠5mg/レボトミン錠25mg

そして意外だったのが、リボール(アロプリノール製剤)です。
劇薬に分類されるのは、
 リボール細粒20%
普通薬に分類されるのは、
 リボール錠50mg/リボール錠100mg

先発のザイロリックには細粒が無いので、劇薬に分類されているものはありませんが、ジェネリックのリボールには細粒の製剤があり、劇薬に分類されているのです。

さらに追記。
ジェネリックのチクロピジン塩酸塩細粒10%「サワイ」
劇薬に分類されるのは、500gのバラ包装の方で、1包1gの分包品は普通薬に分類される。
先発のパナルジンは、錠剤も細粒も劇薬には分類されていない。
パナルジン細粒のバラの包装は100gがあるが、これも劇薬には分類されていない。
100gの瓶は普通薬で、500gの瓶は劇薬に分類される。ここまでくるとよくわからない。

これら以外にあれば教えてください。
分包品は劇薬じゃなかったりするものもある。

正直、劇薬とか毒薬とか関係なく、副作用に関しては注意すべきものも多いし、カロナール錠500mgがどの程度リスキーかと言われると、比較的安全性は高い方だとも思うし、、、
「劇薬」よりも「ハイリスク薬」を別棚にして分類したほうが、服薬指導的にもわかりやすいと思う。

スポンサーリンク

コメント

  1. PL顆粒、プロメタジン、タベジール、ペリアクチン、リンコ(錠5mgが普通薬)、アレビアチン、フルメジン、ニューレプチル、ペルフェナジン、スルモンチール、オーラップ、コリオパン、ネオフィリン、モノフィリン、モルヒネ(原薬は毒)、アポプロン、メジコン、トクレス、アストミン、ベロテック、チロナミン、オパルモン(後発の10㍃gが劇)、八味地黄丸(ボトルは劇)(散剤が劇薬のパターンがほとんどです)
    以上、書きなぐってみました。
    直接の包装(PTPとかSPとかボトルとか)で1包装あたりの含有量が問題になったはずです。

    匿名:2018/6/17

  2. コメントありがとうございます。

    パナルジンに劇薬のイメージがなく、全く気づきませんでした。
    わかりにくいですね。

    yakuzaic:2018/5/18

  3. チクロピジンも細粒は劇ですね

    匿名:2018/5/14

  4. コントミン、レボトミンもそうですね。

    匿名:2018/5/5

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

最新の記事

人気の記事

最近のコメント

検索

スポンサーリンク

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

タグ

検査値 調剤関連資料