2018年12月18日更新.3,342記事.5,770,694文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。
葉酸

胎児の神経管閉鎖症防止のため、妊娠可能女性は400μg/日以上の摂取。
貧血には確定診断後投与を検討。
心血管系リスクには無効。
薬物相互作用が多い。
濃緑色野菜、豆類、肝、魚卵、貝類。

葉酸はビタミンM、ビタミンB9、プテロイルグルタミン酸とも呼ばれ、水溶性ビタミンに分類される生理活性物質である。
プテリジンにパラアミノ安息香酸とグルタミン酸が結合した構造を持つ。
1941年に乳酸菌の増殖因子としてホウレンソウの葉から発見された。
葉はラテン語で folium と呼ばれることから葉酸 (folic acid) と名付けられた。
葉酸は体内で還元を受け、ジヒドロ葉酸を経てテトラヒドロ葉酸に変換された後に補酵素としてはたらく。