2019年12月7日更新.3,356記事.6,223,007文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

カルシウムの補給には「吸収型」カルシウムが良い?

1 票, 平均: 2.00 / 31 票, 平均: 2.00 / 31 票, 平均: 2.00 / 3
読み込み中...

カルシウムの種類

カルシウム製剤でよく使われるのは「アスパラCA」、アスパラギン酸カルシウムです。

しかし、カルシウム製剤には「グルコン酸カルシウム」「パントテン酸カルシウム」「乳酸カルシウム」「沈降炭酸カルシウム」「リン酸水素カルシウム」など様々な種類があります。

何が違うのでしょうか?

カルシウム製剤の優劣をつけるとすると、どれだけ多く吸収されるかということになるかと思います。

まずカルシウム(Ca)はカルシウム単体では自然には存在しません。
他の元素とくっついて存在しています。
カルシウムを多く含む食品は、リン酸とカルシウムが結びつき、「リン酸カルシウム」として存在します。
貝殻や珊瑚、卵殻は、炭酸とカルシウムが結びついた「炭酸カルシウム」です。野菜は「シュウ酸カルシウム」、昆布や海藻は「アルギン酸カルシウム」という形で存在しています。

これらの他の元素と結びついたカルシウムは、胃で消化され胃液に含まれる胃酸でその結合を解かれ、カルシウムイオンとなり、腸で吸収され血液を通して、骨や筋肉へと運ばれます。

知っていますか?カルシウムの”吸収率”のこと | 一般社団法人Jミルク Japan Dairy Association (J-milk)

牛乳のカルシウム吸収率は約40%。
小魚のカルシウム吸収率は約33%。
野菜のカルシウム吸収率は約19%。

そして、最近ドラッグストアでみる「吸収型カルシウム」ユニカルのカルシウムの吸収率は牛乳の約1.35倍とのこと。

「吸収型」カルシウムってなんぞや?とまあ調べてみると、サメ軟骨抽出物によって腸からの吸収性を高めたカルシウムなのだそうだ。貝を原料としているので、炭酸カルシウムです。

牛乳を飲んでも大丈夫? | 公益財団法人 骨粗鬆症財団

「日本人は牛乳に含まれる乳糖が分解できないので、 牛乳の栄養分を吸収できない」
「牛乳を飲むと血液中のカルシウム濃度が急上昇して、逆にカルシウムが排泄される」

牛乳はカルシウムの吸収速度が速すぎるので、日本人には適していないという話もあります。
じゃあ「吸収型カルシウム」はなお悪いのではないか?

最終的に何がベストなのかわからなくなりましたが、海に囲まれた島国日本に住む日本人のカルシウム摂取源としては、牛乳やチーズよりも貝類のほうが適しているのではないのかという個人的な意見で終わります。

IMG_0670
薬剤師

アミノ配糖体系抗菌薬使用時の血中濃度モニタリングのポイントは「投与直前と投与開始1時間後」であるが、バンコマイシンの血中濃度採血指示で適切なのは次のうちどれか。
A. 投与直前(トラフ値)
B. 投与終了直後(ピーク値)
C. 投与開始1時間後(ピーク値)
D. 投与開始2~3時間後(ピーク値)
E. 投与直前と投与開始2~3時間後

コメント


カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
モットー:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう

人気の記事

カテゴリ