更新日:2016年12月9日.全記事数:3,135件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

薬局に特定生物由来製品は置いてあるか?


スポンサードリンク

特定生物由来製品

薬局に備えるべき帳簿として、「特定生物由来製品の記録」というものがある。

なんだかよくわからないけど、うちの薬局には無いんだろう。と勝手に思い込みスルーしていました。

まず、「特定生物由来製品」よりも大きなくくりとして「生物由来製品」というものがある。
生物由来製品…主に動物に由来する原料又は材料を用いた製品
特定生物由来製品…主に人の血液や組織に由来する原料又は材料を用いた製品

生物由来製品の例としては、ワクチンや一部の遺伝子組換え製剤、動物成分抽出医薬品、医療用具としてはブタ心臓弁、ヘパリンコーティングカテーテルなどがあげられます。
特定生物由来製品の例としては、血液製剤や、人組織由来の医薬品などの感染症の発生リスクが高い製品があげられます。
具体的には、血液凝固因子、人血清アルブミン、人免疫グロブリン、輸血用血液のような血液製剤や、人胎盤抽出物などがあります。

やはりうちの薬局には関係なさそうだ。

在宅を行う薬局では、必要になることもあるのだろうか。

しかし、保健所の指導などで帳簿を置いておくことは指導されるので、中身がなくてもファイルは必要。

アメリカでは、薬剤師が予防接種を行っている州もあるみたいなので、今後日本の薬局でワクチンを置くような未来が来れば、特定生物由来製品の管理が必要になる。
正直、そんな未来は来てほしくは無いが。

参考サイト:「医薬品・医療機器の適正な使用により、より安心できる医療の提供を」

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク