更新日:2017年1月22日.全記事数:3,190件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

リリカとアクトスを併用しちゃダメ?


スポンサーリンク

リリカとアクトスの併用

リリカが糖尿病性末梢神経障害に処方されていて、アクトスを併用しているというケースはよくみられる。
しかし、この組み合わせは併用注意の組み合わせである。

リリカの相互作用には以下のように書かれている。

4. 薬剤名等
末梢性浮腫を引き起こす薬剤(チアゾリジン系薬剤等)

臨床症状・措置方法
チアゾリジン系薬剤と本剤の併用により末梢性浮腫を発症するリスクが高まるおそれがある。また、チアゾリジン系薬剤は体重増加又は体液貯留を引き起こし、心不全が発症又は悪化することがあるため、本剤と併用する場合には慎重に投与すること。

機序・危険因子
機序不明

リリカとアクトスの併用でむくみが起こりやすくなり体重増加し、心不全に至る可能性が高まる。

インタビューフォームにはさらに詳しく書かれている。

(4)末梢性浮腫を引き起こす薬剤(チアゾリジン系薬剤等)
外国における本剤の糖尿病性末梢神経障害に伴う疼痛を対象とした試験において、本剤とチアゾリジン系糖尿病治療薬とを併用していた患者では、どちらか一方しか使用していなかった患者に比べ、体重増加及び末梢性浮腫が高頻度に認められている。
また、海外の安全性データベースに登録されている本剤の糖尿病性末梢神経障害に伴う疼痛を対象とした試験において、チアゾリジン系薬剤を併用していた集団における末梢性浮腫の発現率は、チアゾリジン系薬剤群で3%(2/60 例)、本剤群で8%(69/859 例)であったのに対し、両剤併用群では19%(23/120 例)であった。同様に体重増加発現率も、チアゾリジン系薬剤群で0%(0/60例)、本剤群で4%(35/859 例)、両剤併用群で7.5%(9/120 例)であった。
チアゾリジン系糖尿病治療薬は体重増加、体液貯留、又はその両方を引き起こすことがあり、心不全又はその悪化のおそれがあるため、これらの薬剤を服用している場合は併用に注意すること。

末梢性浮腫の発現率は、アクトスで3%、リリカでは8%、併用で19%に上がる。
むしろアクトス単独群のほうがむくみや体重増加が少ないというのは意外。

併用禁忌ではないので、医師の判断で使用可能ですが、リリカがアクトスのむくみリスクを上げることは知っておこう。

アクトスの作用機序
%e3%82%a2%e3%82%af%e3%83%88%e3%82%b9%e3%81%ae%e4%bd%9c%e7%94%a8%e6%a9%9f%e5%ba%8f

スポンサーリンク

関連する記事

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」「時間は有限、努力は無限」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

スポンサーリンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ