更新日:2016年10月30日.全記事数:3,124件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

インディアンにハゲはいない?


スポンサードリンク

インディアンはハゲない?

インディアンにハゲはいないらしい。
インディアンは嘘をつかないらしい。

その理由の一つとして、前立腺肥大症に使われるサプリメントの「ノコギリヤシ」があります。
インディアンはノコギリヤシを食用としたり、油を使ったりしていたようです。
このノコギリヤシ、前立腺肥大症だけでなく、脱毛症にも効果があります。

前立腺肥大症にも脱毛症にも使える薬といえば、アボルブとザガーロの成分であるデュタステリド。
5α-リダクターゼ阻害薬です。

ノコギリヤシが前立腺肥大症や薄毛に効く?

「夜が気になる中高年男性の方に。」というなんとも遠回しな表現で販売されているノコギリヤシというサプリメント。

患者さんでもたまに飲んでいる方を見かけますが、医薬品との飲み合わせは大丈夫なのかな?と思ったり、思わなかったり。

果実は脂肪酸やフィトステロールに富み、その抽出物は前立腺肥大症 (BPH) の治療薬として研究されている。脱毛症・多嚢胞性卵巣症候群などの高アンドロゲン状態にも用いられているが、その場合の効果は実証されていない。

多くの臨床試験のメタ分析からは、抽出物は軽-中度のBPHに対してフィナステリド・タムスロシンより安全で効果的であるという結論が出た。しかし、その後の2つの大規模臨床試験ではプラシーボとの差異は見いだせず、これらを含めたメタ分析では「BPHによる尿路症状に対してはプラシーボより効果的とは言えない」という結果となった。これらの臨床試験は1年間で行われたが、2年間を超えて使用するとその効果はフィナステリド・タムスロシンに匹敵し、手術が必要となる確率を低下させたという報告もある。ノコギリヤシ – Wikipedia

フィナステリドのような抗アンドロゲン作用があるらしい。
その作用を期待して脱毛症にも使える。

ノコギリヤシは果実に有効成分である脂肪酸を多く含んでいます。この成分を含むノコギリヤシエキスは5α-リダクターゼという酵素の働きを抑え、男性の前立腺肥大や脱毛の予防に対する効果が有効視されています。ノコギリヤシ 成分情報 わかさの秘密

5α-リダクターゼ阻害薬ということで、まさしくプロペシア。

サプリメントとはいえ、勃起障害とか女性化乳房とかに気を付けたほうがいいだろう。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク