2021年9月21日更新.2,630記事.7,211,886文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたいなと。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

インディアンにハゲはいない?

インディアンとノコギリヤシ

インディアンにハゲはいないらしい。
インディアンは嘘をつかないらしい。

確かにフサフサな印象はあります。

その理由の一つとして、前立腺肥大症に使われるサプリメントの「ノコギリヤシ」があります。
インディアンはノコギリヤシの果実を食用としたり、油として使ったりしていました。
このノコギリヤシ、前立腺肥大症だけでなく、脱毛症にも効果があります。

ノコギリヤシは果実に有効成分である脂肪酸を多く含んでいます。この成分を含むノコギリヤシエキスは5α-リダクターゼという酵素の働きを抑え、男性の前立腺肥大や脱毛の予防に対する効果が有効視されています。

前立腺肥大症治療薬アボルブと勃起不全治療薬ザガーロの成分であるデュタステリドも5α-リダクターゼ阻害薬です。ノコギリヤシも同様の作用機序ということですね。

夜が気になる中高年男性の方に

「夜が気になる中高年男性の方に。」というなんとも遠回しな表現で販売されているノコギリヤシというサプリメントがあります。

患者さんでもたまに飲んでいる方を見かけますが、医薬品との飲み合わせは大丈夫なのかな?と思ったり、思わなかったり。

作用機序が5α-リダクターゼ阻害薬ということなので、同効薬をすでに処方されている患者が服用していた際には、服用をやめさせた方がよいだろう。

前立腺肥大症と健康食品

前立腺肥大症に対する効果が検討されている健康食品として、ビタミンE、セレン、亜鉛、イソフラボン、ノコギリヤシなどがあります。

健康食品の多くは、費用が保険適応とならず、患者さんの負担が大きいとされています。
また、有効成分を複数含む配合剤が多く、その有効性や安全性の影響も不明です。
前立腺肥大症診療ガイドラインでは、健康食品の摂取は勧められていません。

脱毛症や排尿トラブルで医療機関を受診するのはハードルが高いので、市販のサプリメントで症状改善する可能性があるのであれば、使ってみたいという男性は多いでしょうね。

薬剤師

勉強ってつまらないなぁ。楽しみながら勉強できるクイズ形式の勉強法とかがあればなぁ。

先生

そんな薬剤師には、m3.com(エムスリードットコム)の、薬剤師のための「学べる医療クイズ」がおすすめ。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
職業:薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
「薬剤師なんて辞めてやる」をモチベーションにしてブログを書いています。

最新の記事


人気の記事

おすすめ記事

・現役薬剤師が教える!すぐ辞める地雷薬局の見極め方

検索