更新日:2016年12月24日.全記事数:3,095件.今日の勉強

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

イフェクサーはSNRIにもSSRIにもなる?


スポンサードリンク

ベンラファキシン

セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)として3成分目となるベンラファキシン塩酸塩(イフェクサー)が、2015年12月8日に発売された。

1日1回経口投与の徐放性カプセル製剤で、うつ病・うつ状態を適応とする。
ベンラファキシンは、1997年にスイスで承認されて以来、90カ国以上で使用されている薬剤だ。
SNRIに分類されるベンラファキシンだが、低用量ではセロトニンの再取り込みを主に阻害し、高用量ではノルアドレナリンの再取り込み阻害作用が強まるという特徴がある。

低用量(150mg/日未満)ではセロトニン作動性神経にのみ作用するが、中等量(150mg/日以上 300mg/日以下)ではセロトニン作動系およびノルアドレナリン作動系にも作用する。高用量(300mg/日超)ではドーパミン作動性伝達にも影響を与える。

薬理学的に、低用量では選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)様に働き、高用量でSNRIとして働く。

抗うつ薬は、単剤処方を基本とし、最初に投与した抗うつ薬で効果不十分の場合は、他剤への切り替えが行われる。
SSRIで効果不十分な場合は、他のSSRIもしくはSNRIに切り替えるのか一般的だ。
ただし、薬剤の切り替えには2~3週間が必要。ベンラファキシンであれば、増量するだけで薬剤を切り替えるのと同様の効果が期待でき、切り替えに要する時間を節約できるかもしれない。

現在、各国の診療ガイドラインでは、抗うつ薬の投与は、中等度以上のうつ病患者で推奨されている。
こうした現状からベンラファキシンは、比較的重度で、薬剤の増量が必要と予想される患者に投与されるだろう。
海外では、パニック障害などの不安障害への適応もある。
なお、他のSNRIでは、癌痛への適応拡大が進められているものの、ベンラファキシンにおいて販売元のファイザーは、疹痛への適応拡大の予定はないとしている。

参考書籍:日経DI2016.1

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

リンク

お気に入りリンク集
お気に入り書籍
添付文書を調べる(PMDA)

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク