更新日:2015年10月22日.全記事数:3,096件.今日の勉強

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

重曹で腎臓病予防?


スポンサードリンク

重曹とアシドーシス

重曹が腎臓病の進行を防ぐという話。

また、慢性腎不全の薬物療法には降圧薬、利尿薬から漢方薬に至るまで多々ありますが、”アシドーシスによる腎機能の低下を防ぐためにアルカリ化薬として重炭酸ナトリウムを1日1~3g服用する” ということは、実は我が国でも古くから言われてきたことですから、この種の臨床研究は我が国でこそ行われていて不思議はなかったのだがと、誠に残念な想いがあることも否めません。IME 特定非営利活動法人 医療教育研究所

重曹は炭酸水素ナトリウムで、ナトリウムが入っているので、血圧上げて、腎機能に悪影響を及ぼすのではないかとも思っていた。

尿酸値が高ければ、尿アルカリ化薬として、腎臓を守ることはできるかな。

人間の体は弱アルカリ(pH7.4)に保たれています。腎臓の働きが落ちてくると、アルカリ性を保持する重炭酸の濃度が低下します。このため身体が酸性に傾きます。医学的に言うと、アシドーシスという状態になります。アシドーシスになると、骨がもろくなったり、栄養状態が悪くなったり、様々な悪影響を及ぼします。またアシド-シスが腎機能を低下させるとの報告もあります。これを防ぐためにアルカリ化剤として重炭酸ナトリウム(重曹)を1日1-3g服用します。腎臓病の治療:慢性腎不全の薬物療法:大阪府立急性期総合医療センター腎臓高血圧内科

腎機能の低下を防ぐ薬というのは、高血圧や糖尿病など基礎疾患があればそれに対する薬がありますが、直接的に低下を防ぐ目的で処方するとしたら、重曹というのは良いのかも知れない。

しかしこのような安くて良い薬が処方のメインになることは難しいので、この方法が普及することはあまり考えられないかなあ。
自分でやるしかないな。

でも、重曹が入っているからといって市販の胃薬、太田胃散などを使うことは止めましょう。
アルミニウムも入っているので。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

リンク

お気に入りリンク集
お気に入り書籍
添付文書を調べる(PMDA)

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク