2019年2月20日更新.3,370記事.5,924,009文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

抗菌剤と整腸剤を混ぜちゃダメ?

スポンサーリンク


抗菌剤と整腸剤の混合

抗菌剤と整腸剤はよくいっしょに処方される。

抗菌剤によって腸内細菌もやっつけられるために、下痢をすることが多いからである。
腸内細菌を補うために、整腸剤が処方される。

で、小児の場合は粉薬が処方されるわけですが、抗菌剤と整腸剤がいっしょに処方された場合に、同じ用法で並べて記載されていることが多い。

粉薬の場合、そのように並べて記載された場合に、混ぜることが多い。
と思われる。薬剤師の判断によるが。
混ぜれば、計量混合加算が取れるし。

ここで疑問に思うのが、抗菌剤が整腸剤に含まれる乳酸菌などの細菌を殺してしまうために、整腸剤の効果が落ちてしまうのではないかということ。

ラックビー微粒Nのインタビューフォームに配合変化が載っていますが、抗菌薬は載っていない。
しかし、抗菌薬でなくても1週間で半分以下の菌数になるものがあるので、抗菌薬であれば、ほぼ無効になってしまうような気もする。

そもそも医師はどの程度整腸剤に期待しているんだか、耐性乳酸菌じゃなくてふつうの乳酸菌製剤使ってきたりするし。

コンプライアンス、子供に与薬する親の手間を考えると、ひとまとめに分包したほうが良いとは思う。

整腸剤

乳酸菌の腸内での活動により生じる乳酸が腸内を酸性にし、病原性大腸菌などを阻止するほか、腐敗発酵物であるアンモニアの産生や吸収も抑制する。

抗菌薬使用時の腸内異常発酵の治療、菌交代現象の予防には、多種の抗菌薬に耐性をもつ製剤(ビオフェルミンRなど)を使用する。

乳酸菌(ビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌)は腸内で乳酸を作り、悪玉菌の発育を抑制する。

酪酸菌および宮入菌は、腸内で酪酸を生成し、悪玉菌の発育を抑制するほか、病原性大腸菌O157の毒素産生も抑制する。

スポンサーリンク

低アルブミン血症の際安全性に問題生じる薬は?

IMG_0670
薬剤師

タンパク結合率が70%を超える下記の薬剤のうち、低アルブミン血症などの際に遊離型濃度が上昇し、安全性に問題を生じる可能性がある薬剤はどれか
A. ワルファリン(商品名:ワーファリン錠)
B. リドカイン(商品名:キシロカイン注)
C. フェニトイン(商品名:アレビアチン錠)
D. バルプロ酸ナトリウム(商品名:デパケン錠)
E. トルブタミド(商品名:ラスチノン錠)

先生

答えは↓

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

人気の記事(月間)


リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

SNS

検索


スポンサーリンク