更新日:2016年9月12日.全記事数:3,094件

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

オーグメンチンRSとSSの違いは?


スポンサードリンク

オーグメンチンRSとSSの意味は?

オーグメンチンにはRS錠とSS錠がある。

なにやら意味深なアルファベット。

と思いきや、RSはレギュラーサイズ、SSはスモールサイズという意味らしく。

正式名称は、オーグメンチン配合錠125SS/オーグメンチン配合錠250RS。
以前の名称はオーグメンチン錠125とオーグメンチン錠250。

配合剤であることがわかりやすくなりました。

この流れは降圧剤の配合剤が増えてきた頃からの流れ。
HD(ハイドーズ)、LD(ロードーズ)のほうがわかりやすい。
でも、ハイって言うほどアモキシシリン高用量ではないし。。。と控えめにつけたのかな。

降圧剤の場合は、LD2錠がHD1錠になるわけではありませんが、オーグメンチンはSS2錠がRS1錠になります。
個人的には、オーグメンチンSS錠なんていらないんじゃね?と思っていますが。
大きさも言うほど小さくはなっていないし。
RS錠の長径は16.1mmで、SS錠の長径は13.1mm。

以上、豆知識でした。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
座右の銘:継続は力なり、失敗は成功の母
follow us in feedly

リンク

薬剤師に役立つリンク集
医薬品医療機器総合機構(新薬・公知申請)
添付文書(PMDA)(添付文書)
社会保険診療報酬支払基金(診療報酬関係通知)
Minds医療情報サービス(ガイドライン)
ミクスOnline(ニュース)

人気の記事

最新の記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク