2019年3月23日更新.3,398記事.5,981,411文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ストラテラはSNRI?

スポンサーリンク


ストラテラは選択的ノルアドレナリン再取り込み阻害薬?

ストラテラ(アトモキセチン塩酸塩)はSNRIなのだそうだ。

SNRIと聞くと、デプロメール、ルボックスみたいなセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬かと思いきや、選択的ノルアドレナリン再取り込み阻害薬のこと。

脳の前頭前野の神経終末にあるノルアドレナリントランスポーターを選択的に阻害し、ノルアドレナリンあるいはドパミンの再取り込みを阻止することで、これらの神経伝達物質の濃度を上昇させます。なお、線条体と依存形成にかかわる側座核ではドパミン濃度は上昇せず、依存・乱用につながる危険性は極めて低いとされます。

ノルアドレナリントランスポーターにだけ結合し、その他の受容体にはほとんど作用しないので、副作用も比較的少ないと考えられます。このような作用特性から、「選択的ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(Selective NorAdrenalin Reuptake Inhibitors)」と呼ばれています。

なお、これをSNRIと略称できますが、別分類のセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬と混乱しますので、単にNRI(またはNSRI)とするか、あるいは後者をDMRI(Dual Monoamine Reuptake Inhibitors)として区別しようとの提言もあるようです。アトモキセチンストラテラ

紛らわしや。

うつ病には効果あるのかな。

スポンサーリンク

ビソプロロールとカルベジロールのCHF初期用量は?

IMG_0670
薬剤師

ビソプロロール(商品名:メインテート錠)とカルベジロール(商品名:アーチスト錠等)の虚血性心疾患又は拡張型心筋症に基づく慢性心不全に対して、添付文書上で定められている初期用量として適切なものはどれか。
A. 1日1回0.625mg(ビソプロロール)と1回2.5mgを1日2回(カルベジロール)
B. 1日1回0.625mg(ビソプロロール)と1回1.25mgを1日2回(カルベジロール)
C. 1日1回1.25mg(ビソプロロール)と1回1.25mgを1日2回(カルベジロール)
D. 1日1回1.25mg(ビソプロロール)と1回2.5mg を1日2回(カルベジロール)
E. 1日1回5mg(ビソプロロール)と1回5mg を1日2回(カルベジロール)

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

最新の記事


人気の記事