更新日:2016年12月31日.全記事数:3,137件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ザイロリックとテオドールを併用しちゃダメ?


スポンサードリンク

キサンチン

ザイロリックの添付文書の相互作用に、

キサンチン系薬剤
テオフィリン等

臨床症状・措置方法キサンチン系薬剤(テオフィリン等)の血中濃度が上昇する。
キサンチン系薬剤の投与量に注意すること。
機序・危険因子本剤がテオフィリンの代謝酵素であるキサンチンオキシダーゼを阻害するためテオフィリンの血中濃度が上昇すると報告されている。

と書かれている。

ザイロリック(アロプリノール)はキサンチンオキシダーゼ阻害薬。

テオドール(テオフィリン)はキサンチン誘導体。

ザイロリックが、テオドールの代謝を阻害して、血中濃度が上昇してしまうわけです。

キサンチン系薬剤(テオフィリン等)の血中濃度および半減期は1.4から2.5倍に上昇し、クリアランスは約30~60%低下するとの報告がある。GlaxoSmithKline 医療関係のみなさま Zyloric

しかし、同様の作用機序であるキサンチンオキシダーゼ阻害薬のフェブリク(フェブキソスタット)の相互作用に、キサンチン系の記載はない。
ウリアデック/トピロリック(トピロキソスタット)の相互作用にはキサンチン系薬剤の記載がある。
この違いはよくわかりませんが。
いずれにしても、テオフィリン中毒に注意しましょう。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク