2019年3月21日更新.3,396記事.5,979,523文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ザイロリックとテオドールを併用しちゃダメ?

スポンサーリンク


キサンチン

ザイロリックの添付文書の相互作用に、

キサンチン系薬剤
テオフィリン等

臨床症状・措置方法キサンチン系薬剤(テオフィリン等)の血中濃度が上昇する。
キサンチン系薬剤の投与量に注意すること。
機序・危険因子本剤がテオフィリンの代謝酵素であるキサンチンオキシダーゼを阻害するためテオフィリンの血中濃度が上昇すると報告されている。

と書かれている。

ザイロリック(アロプリノール)はキサンチンオキシダーゼ阻害薬。

テオドール(テオフィリン)はキサンチン誘導体。

ザイロリックが、テオドールの代謝を阻害して、血中濃度が上昇してしまうわけです。

キサンチン系薬剤(テオフィリン等)の血中濃度および半減期は1.4から2.5倍に上昇し、クリアランスは約30~60%低下するとの報告がある。GlaxoSmithKline 医療関係のみなさま Zyloric

しかし、同様の作用機序であるキサンチンオキシダーゼ阻害薬のフェブリク(フェブキソスタット)の相互作用に、キサンチン系の記載はない。
ウリアデック/トピロリック(トピロキソスタット)の相互作用にはキサンチン系薬剤の記載がある。
この違いはよくわかりませんが。
いずれにしても、テオフィリン中毒に注意しましょう。

スポンサーリンク

スタチンとマクロライドで回避すべき組合せは?

IMG_0670
薬剤師

スタチン系高脂血症治療薬(以下、スタチン)を服用中の患者にマクロライド系抗菌薬(以下、マクロライド)を投与したい。スタチンの多くはCYP3A4で代謝されるため、マクロライドの投与には注意が必要と考えられるが、もっとも回避した方が良いと思われる薬の組み合わせはどれか。
A. ロスバスタチン(クレストール))-クラリスロマイシン(クラリス)
B. ロスバスタチン(クレストール)-アジスロマイシン(ジスロマック)
C. シンバスタチン(リポバス)-クラリスロマイシン(クラリス)
D. シンバスタチン(リポバス)-アジスロマイシン(ジスロマック)

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

人気の記事

  1. 粉砕してはいけない薬一覧
  2. モーラステープを小児に使っても良いか?
  3. 配合不適・配合注意一覧
  4. 一包化に適さない薬一覧
  5. 柴胡加竜骨牡蛎湯はハイリスク薬?
  6. PPIの処方は8週間まで?
  7. 湿疹と発疹の違いは?
  8. 患者が使い残した麻薬はどう処分する?
  9. ゲルとゾルの違いは?
  10. ヒルドイドクリームとソフト軟膏の違いは?
  11. ユベラとユベラNの違いは?
  12. タミフルは5日分飲みきらなきゃダメ?
  13. レセプト摘要欄に記載する事項
  14. ベルソムラを粉砕してもいいか?
  15. コンタクトレンズしたまま点眼してもいい?
  16. リリカ1日1回はダメ?
  17. 処方せん同日受付は受付1回?
  18. ジスキネジアとジストニアとアカシジアの違いは?
  19. リリカを急に止めてはいけない?
  20. 塗り薬は混ぜちゃダメ?

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク

検索