更新日:2015年10月22日.全記事数:3,169件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ラミクタールはチュアブル錠?


スポンサーリンク

ラミクタールはチュアブル錠?

抗てんかん薬のラミクタール。
双極性障害にも適応をとったので、処方量は増えているのでしょうか。

ラミクタール錠の添付文書を見ても、「白色の素錠」としか書いてないけど。

インタビューフォームを見ると、「チュアブル・ディスパーシブル錠」と書かれている。

チュアブル錠なんて、キプレスチュアブル、シングレアチュアブルくらいしか無いと思ってたんですが。

ラミクタールの剤型は、海外でも25mgまでかみ砕いても水に溶かしても飲めるチュアブル・ディスパーシブル錠と呼ばれる設計で作られていますが、これは子供に対して投与することを前提としているためです。ちなみに海外では25mg以上の規格は普通の割線入り素錠となっておりますが、日本は何故か100mg錠もチュアブル・ディスパーシブル錠で作られています。ラミクタール・・・ハヤノヤクヒンせんせ~のブログより バード6787の2012年04月06日の1番目の記事 – 楽天ブログ(Blog)

水なしでも飲める。

でも、添付文書上は何も書かれていないし。
普通の錠剤扱い。

同じ用法の薬が処方されていても、別剤扱いには出来ない、だろう。

小児で粉砕の指示とか来たら、服用直前に水に溶かしてもらうよう伝えた方が飲ませやすい。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク