更新日:2017年6月11日.全記事数:3,190件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

尿路結石にザイロリック?


スポンサーリンク

尿路結石にザイロリック

アロプリノールの使用は産生過剰型に限定されているわけではなく、特に尿路結石を取り扱うことが多い泌尿器科領域では、結石を防止する意味から、積極的な使用を勧める意見が多いといわれています。
高尿酸血症の患者では、尿路結石を合併することが多く、特に尿酸産生過剰型、血清尿酸値が高い場合(血清尿酸値7.1mg/dL以上では血清尿酸値に呼応して尿路結石の頻度が上昇、8.0mg/dL以上の男性では62%に尿路結石がみられるとの指摘もある)などでは十分な注意が必要となります。

尿路結石の予防には、十分な水分摂取と、尿のpH管理が不可欠で、まず1日の尿量が2L以上となるような水分摂取が必要となります。
また、尿酸の溶解濃度は、尿のpHによって大きく変化し、pH5では15mg/dL、pH7では200mg/dLとなります。

生理的な尿のpHは弱酸性ですが、尿中の尿酸析出を防ぐためには、尿のpHを6~7に維持する必要があり、早朝第1尿のpHを測定し、pH6.0未満が続く場合は、尿アルカリ化薬の使用が考慮されます。
尿のpH管理に当たっては、食事や併用薬の尿pHへの影響に対して注意が必要となります。

尿のpHに影響を与える薬剤としては、尿アルカリ化薬として使用されるクエン酸カリウム・クエン酸ナトリウム配合薬のほか、炭酸水素ナトリウムなどがあります。

一方、酸性化させる薬剤としては、チアジド系利尿薬、ループ利尿薬などが知られています。
食品では、海草や大豆、野菜などが尿をアルカリ化し、肉類や卵などは酸性化させることが知られています。

これらの摂取状況を確認し、特に尿を酸性化させる食品の過剰摂取とならないように注意を促すことも大切です。
なお、尿路結石の成分は多彩で、必ずしも尿酸によるものばかりとは限りません。

アロプリノール服用中の場合は、尿中に排泄されるオキシプリノールやキサンチンオキシダーゼ阻害により増加した尿酸前駆体のヒポキサンチン、キサンチンなどが結石の原因となることもあります。

低尿酸血症?

高尿酸血症はわかりますが、低尿酸血症という病気もあるらしい。

適応症ではないが、尿酸排泄亢進による低尿酸血症の治療にも用いられることがある。尿酸排泄亢進により尿酸尿路結石を来すことがあるためである。アロプリノール – Wikipedia

低尿酸血症、初めて聞きました。
低尿酸血症自体は無症状で、予後も良好であり治療の対象とならないらしい。

尿路結石の予防という観点からは、尿酸排泄促進薬では悪化してしまうので、尿酸生成阻害薬のザイロリックやフェブリクが使われる。

スポンサーリンク

関連する記事

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」「時間は有限、努力は無限」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

スポンサーリンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ