2019年2月17日更新.3,368記事.5,927,257文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

中性脂肪とコレステロールの違いは?

スポンサーリンク


中性脂肪とコレステロールの違い

中性脂肪とコレステロールはどちらも肝臓で合成される脂質の一種ですが、体の中での役割が違います。

中性脂肪は体を動かすエネルギー源となり、余った分は蓄えることができます。
体温を一定に保ったり、体を衝撃から守る働きもしています。

コレステロールは細胞膜の構成成分となる他、副腎皮質ホルモンや消化・吸収を助ける胆汁酸などの材料になります。
コレステロールには善玉と呼ばれるHDLコレステロールと、悪玉と呼ばれるLDLコレステロールがあり、バランスを保ちながら存在しています。

中性脂肪は高くてもいい?

過剰に中性脂肪が増えると、次のようなことが起こります。

・善玉コレステロールが減少する
血管内で回収できなかったコレステロールが増加し、血管の内壁にたまる。

・悪性度が高まった超悪玉コレステロール(小型LDL)が増える
小型LDLは血管内に入り込みやすく酸化されやすいため、動脈硬化を強力に進める。

・血液の粘度が高まる
血管が詰まりやすく、血管壁に無理な力が加わって、血管が破れやすくなる。

・炎症が促進される
血液中の脂質バランスが崩れると、血管内壁の細胞が傷ついて炎症を起こし、白血球の仲間のマクロファージと呼ばれる細胞がコレステロールを取り込んで、プラーク(動脈硬化巣)を形成する。
中性脂肪はこの炎症反応を強める。

中性脂肪は動脈硬化の間接的要因?

中性脂肪の正常値は150mg/dL未満で、それ以上になると高トリグリセリド血症となる。
生活習慣病における中性脂肪の扱いは複雑で、一時期は完全に無視されるに至ったこともありました。
LDLコレステロール(悪玉コレステロール)やHDLコレステロール(善玉コレステロール)が重要とされ、中性脂肪は軽視されました。

人間の体内の中性脂肪が1000 mg/dL を超えると、急性膵炎のリスクが上昇すると考えられており、それさえ抑えればよいと考えられました。

動脈硬化が進むと血管壁にプラークといわれる異常な組織が形成されます。
プラークの形成は、血液中の余分なコレステロールが血管内皮細胞の隙間を抜けて血管の壁に入り込むことから始まります。
つまり、コレステロールが動脈硬化が進行する原因です。

中性脂肪は、それ自体は動脈硬化の原因にはなりません。

しかし、中性脂肪が多いと、HDL(善玉)コレステロールが減ってLDL(悪玉)コレステロールが増えやすくなるので、間接的に動脈硬化の原因となります。

中性脂肪とフィブラート

中性脂肪を低下させる標的は、核内受容体の一つであるぺルオキシソーム増殖剤活性化受容体α(PPARα)です。
フィブラート系の薬は、PPARαを活性化して、リポタンパク質リパーゼの活性を冗進させて血清トリグリセリド値を低下させるのが主作用と考えられています。
さらに、肝トリグリセリドリパーゼの活性化によるIDL(中比重リポタンパク質)からLDL(低比重リポタンパク質)への産生が促進され、トリグリセリドやVLDL(超低比重リポタンパク質)が減少します。
また、アポタンパクA-ⅠとアポタンパクA-Ⅱの発現が増加し、HDLコレステロールが増加します。
また、フィブラート系の薬は、アセチルCoAからメバロン酸にいたるコレステロール生合成過程を抑制し、血中コレステロールを低下させます。

血中脂質

体の中には4種類の脂肪があります。
脂肪酸、中性脂肪、コレステロール、リン脂質です。
中性脂肪は3つの脂肪酸とグリセロールという物質が結びついたもので、脂肪酸はすぐに使えるエネルギー、中性脂肪は貯蔵用のエネルギーです。

コレステロールやリン脂質は細胞膜の構成成分です。
コレステロールはホルモンや胆汁酸の材料にもなります。

コレステロール

コレステロールは、ステロイド骨格をもつ脂質であり、ホルモン合成や細胞の脂質膜の原料となります。


中性脂肪

中性脂肪はトリグリセリドともいいます。
構造的には、グリセロールに3分子の脂肪酸がエステル結合したものです。

主に体内に貯蔵されて、必要に応じてエネルギー源として消費されます。
中性脂肪は食事やアルコールの影響を受けやすく、比較的変動の大きい検査値です。

中性脂肪は食事によって摂取されたり、肝臓でつくられたりして、必要に応じて体内のエネルギー源として使われます。
しかし、中性脂肪が必要以上に体内に入ると、皮下脂肪や肝臓、血液に蓄積され、肥満や脂肪肝、動脈硬化などへとつながっていきます。


参考書籍:薬効力 ―72の分子標的と薬の作用―

スポンサーリンク

服薬指導のツボ①

IMG_0670
薬剤師

今日も服薬指導で心が折れる

投薬カウンターで患者を呼んですぐ、立ったまま、
「いくら?」
と言ってくる患者さん。いますよね。
「てめえ、話くらい聞けよ」と言うのを抑えて、「850円になります」と即座に言って本心では短時間で患者をさばけたことを喜ぶブラック薬剤師な私。
先生

↑こういう患者いるよねー

薬剤師の情報収集法

時間の無い医療従事者にとって、効率的な情報収集は必要不可欠です。
私は学生時代から効率的な勉強方法を探って生きてきました。
例えば、1時間でいかに効率よく勉強するか、ということを1週間かけて考えていました。。。今になって思えば1週間勉強すればよかったと思います。
とにかく、この情報過多の時代を生き残るカギは、質の高い情報をいかに入手するかということにかかっていると思います。

有象無象の情報がうずまく社会、インターネットでググってウィキペディアで調べるという私の得意技でもありますが、一般人と同じようなことをしていて薬剤師という専門性の高い職種の職能を発揮できるでしょうか?
自虐的になりますが、こんなくだらないブログを見るより専門性の高いサイトで情報収集したほうが有益でしょう。ぃぇ、私のブログも有益な情報を提供したいとは思っていますが。

私の情報収取先として重宝しているのが、
国内最大級の医療従事者向け会員登録制サイト「m3.com」エムスリードットコムです。

求人情報が頻繁に来るのはウザイですが、情報の質はやはり医療従事者向けということで必要な情報が上がってきます。たまに、「こんなクソ薬局辞めてやる!」と自暴自棄になる私にとっては求人情報もある種の心の拠り所にもなったりします。
「m3.com」エムスリードットコムも登録は無料ですが、他の登録制の医療従事者向けサイト、ケアネットとか、日経メディカルとかも無料ですので、ひと通り登録しておいて損は無いと思います。自分に合った情報入手方法で日々の勉強を共に頑張りましょう。

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

人気の記事(月間)


リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク

SNS

検索